v

您的位置:VeryCD动漫剧场动画

动漫资源事务区


《哆啦A梦剧场版 大雄的发条都市历险记》(Doraemon)[天天字幕][1CD][AVI][DVDRip]

  • 状态: 精华资源
  • 摘要:
    发行时间1997年
    语言日语
  • 时间: 2006/08/24 22:43:53 发布 | 2007/07/28 19:02:30 更新
  • 分类: 动漫  剧场动画 

brqbrq

精华资源: 63

全部资源: 88

相关: 分享到新浪微博   转播到腾讯微博   分享到开心网   分享到人人   分享到QQ空间   订阅本资源RSS更新   美味书签  subtitle
该内容尚未提供权利证明,无法提供下载。
中文名哆啦A梦剧场版 大雄的发条都市历险记
英文名Doraemon
别名のび太のねじ巻き都市冒険记
资源格式DVDRip
版本[天天字幕][1CD][AVI]
发行时间1997年
地区日本
语言日语
简介

IPB Image



【片名】大雄的发条都市历险记
【字幕】天天字幕
【格式】DVDRip

【内容介绍】

  哆啦A梦去未来世界时得到一些小行星奖券,因大雄报错奖券号码,他们无意中来到了一个天堂般的星球。大家开心地把各自的玩具都拿到那个星球上,并用生命之匙赋予了它们生命。玩具们就在那个星球上建造了自己的城市——发条都市。此时,凶恶的罪犯熊虎鬼五郎逃入大雄的房间,无意间通过任意门也来到了发条都市,并用玩具们的复制装置复制了自己,企图占领发条都市。一场正义与邪恶的较量由此展开了!……
  这是藤子不二雄在96年就构思的作品,不过未完成便去世了,这部大长篇可说是他的大长篇遗作。这也是个「让玩具变成有生命」的故事,有点类似白金迷宫的感决。饰演反派的鬼五郎有很多分身,在故事中扮演非常好笑,如丑角般的角色,让整部大长篇更有趣。

【CAST】

大山のぶ代(ドラえもん)
小原乃梨子(野比のび太)
野村道子(しずか)
肝付兼太(スネ夫)
たてかべ和也(ジャイアン)
千々松幸子(ママ)
中 庸介(パパ)
佐々木望(ピーブ)
白川澄子(プビー)
菅原正志(アイン・モタイン)
塩沢兼人(トーマス・メーエジソン)
よこざわけい子(ウッキー)
青木和代(パンダ)
茶风林(ティラ)
伊仓一恵(种まく者/少年)
渡辺 猛(种まく者/魔人)
内海贤二(熊虎鬼五郎)
松尾银三(ホクロ)
広瀬正志(熊虎A)
石田弘志(熊虎B)
秋本洋介(熊虎C)
中村大树(熊虎D)

【Staff】

监督:芝山 努
监修:楠部大吉郎
プロデューサー:山田俊秀、木村纯一、梶 淳
製作総指挥:藤子・F・不二雄
原作:藤子・F・不二雄
脚色:藤子・F・不二雄
作画监督:富永贞义
撮影监督:梅田俊之
美术监督:森元 茂
美术设定:沼井信朗
编集:冈安 肇
特殊撮影:渡辺由利夫
録音监督:浦上靖夫
音楽:菊池俊辅
主题歌:「Love is you」
作词:高桥 研
作曲:矢沢永吉
うた:矢沢永吉
制作デスク:市川芳彦 大沢正享

【其他介绍】

この作品で注目すべき点は、「自立」が再度テーマとして浮上している点だろう。
 长编ドラえもんシリーズでは、「のび太の魔界大冒険」で、のび太の心理的な自立を扱っている。一人の少女と、淡い恋に落ち、ドラえもんの庇护を必要としなくなる予感を込めたラストシーンは、ある意味で、ドラえもんの最终回と言えるかもしれない。だが、その后制作され続けたシリーズでは、のび太は、自立など考えられない子供そのものとしてえがかれるようになり、ドラえもんへの依存は当然のこととして、描かれている。
 问题は、「のび太の魔界大冒険」で描かれた「自立」と、「ねじ巻き都市」で描かれている「自立」が、意味的にまったく违う点でである。
 「ねじ巻き都市」では、「种をまく者」がのび太に対して、问题は自分たちで解决せよ、と告げ、自分が种をまいた星から离れ、新たな星に种をまきに行ってしまう。あとは自分たちの力でなんとかしろ、という「自分たち」というのは、言うまでもなく「のび太达」である。だが、「のび太达」が、のび太とレギュラーの仲间达(ドラえもん、スネ夫、ジャイアン、しずか)、であるという期待は、あっさりと裏切られる。「种をまく者」は、のび太达が作った文化と住人一切合切を含めて、彼らが植物达から受け入れられたと言い、自分を頼らず、自力で问题を解决せよ、と言ったのである。
 そこでの主体は、実はのび太ではなく、のび太らによって、自分で动く体と心と知恵を授けられたぬいぐるみ达なのだ。彼らこそが、ねじ巻き都市の正当な住人である。彼らは、市长を选挙することで政治的なシステムを整え、环境に优しい新しい技术を开発する。それだけでなく、彼らの造物主であるのび太达にも、意见を述べ、それを订正させるのである。
 物语の构図としては、「种をまく者」によって作られた植物达と、のび太达によって作られたのじ巻き都市の住人达が、造物主である「种をまく者」や「のび太达」に依存しないで自立して生きていく、と考えられる。
 この构図の中で、のび太达は、観客が感情移入する対象でなくなってしまう。のび太は、不思议な力を行使するグループの代表者であり、特别なイベントのときにだけやってくる异邦人なのだ。
 それゆえに、「ねじ巻き都市」における「自立」とは、「観客」のドラえもん世界からの自立である、と考えるのは飞跃しすぎだろうか。
 もちろん、観客がドラえもん映画から自立してしまい、见に来なくなったら困るわけだが、藤子・F・不二雄氏が、自ら手がける最后の作品だと、自覚して(あるいは无自覚に)作っていたとすれば、ある意味で纳得ができる。
 我々は、永远に、藤子・F・不二雄という巨人にいつまでも頼っている訳にはいかないのである。あるいは、いつまでも、永远にのび太を甘やかし続けるドラえもんというキャラクターに依存し続けることはできないのである。
 この映画のラストシーンは、これを象徴しているように思える。どこでもドアで、ねじ巻き都市を去るのび太达なのだが、カメラの视点は、残る住人达の侧にある。そして、「さよなら」を告げるのび太达は、どこでもドアの中に消え、去っていく。エンディングは、「种をまく者」が新しい星に生命を宿す光景であり、元の世界に戻ったのび太达を追いかけては行かない。
 この别れのシーンこそ、我々と、のび太达との、そして、藤子・F・不二雄氏との别れのシーンであるかのように思える。
 もちろん、今后も、ドラえもんという作品の制作は継続するだろうが、それは、もはや、今までのドラえもんではない。その事実だけは、変えようがないのである。
 だが、悲観することはない。作品中で、のび太达は、植物达と、「种をまく者」によって认めらる。自力で问题を解决できると认められるのである。これを藤子・F・不二雄氏が、后に残る者达を认め、あとは自分たちが自力でやれ、と告げたのだ、と解釈したら、空想が过ぎるだろうか。
 少なくとも、この作品を见る限り、藤子・F・不二雄氏は、未来を悲観して死んだ訳ではない、と感じられた。
 氏の冥福を祈る。


【说明】

请先下载好的朋友,看完之后放到"Incoming"文件里不要删去,以供其他朋友继续下载,谢谢合作!

正在读取……

这里是其它用户补充的资源(我也要补充):

暂无补充资源
正在加载,请稍等...

点击查看所有15网友评论

 

(?) [公告]留口水、评论相关规则 | [活动]每日签到 轻松领取电驴经验

    小贴士:
  1. 类似“顶”、“沙发”之类没有营养的文字,对勤劳贡献的楼主来说是令人沮丧的反馈信息。
  2. 提问之前请再仔细看一遍楼主的说明,或许是您遗漏了。
  3. 勿催片。请相信驴友们对分享是富有激情的,如果确有更新版本,您一定能搜索到。
  4. 请勿到处挖坑绊人、招贴广告。既占空间让人厌烦,又没人会搭理,于人于己都无利。
  5. 如果您发现自己的评论不见了,请参考以上4条。