v

您的位置:VeryCD音乐欧美音乐

音乐资源事务区


Oscar Peterson & Dizzy Gillespie -《Oscar Peterson & Dizzy Gillespie 》(奥斯卡彼得森与吉莱斯皮)[XRCD2][FLAC]

  • 状态: 精华资源
  • 摘要:
    音乐风格爵士
    发行时间2002年07日
    地区美国
    语言英语
  • 时间: 2016/04/26 12:03:43 发布 | 2016/04/27 14:11:06 更新
  • 分类: 音乐  欧美音乐 

alanfish

精华资源: 2006

全部资源: 2007

相关: 分享到新浪微博   转播到腾讯微博   分享到开心网   分享到人人   分享到QQ空间   订阅本资源RSS更新   美味书签  subtitle
该内容尚未提供权利证明,无法提供下载。
专辑英文名Oscar Peterson & Dizzy Gillespie
专辑中文名奥斯卡彼得森与吉莱斯皮
音乐风格爵士
资源格式FLAC
版本[XRCD2]
发行时间2002年07日
地区美国
语言英语
简介

IPB Image

专辑介绍:

这张专辑是 钢琴家Oscar Peterson 和 喇叭手 Gillespie 五次合作中的第一次。 这次补发了CD (原为LP版本)正好遇上Gillespie(当时57)的巅峰时期,和Peterson 擦出火花的作品 “Caravan”,“秋叶”,“Blues for Bird ” 而其中 两个Gillespie 的作品 ”Atmospher”和“Con Alma.” 现都已为 爵士乐的精典和标准。 如你是 Oscar Peterson 和 Gillespie 的粉丝,就别错过了。

This album was the first of five projects in which pianist Oscar Peterson dueted with a trumpeter. Now reissued on CD, the encounter finds Dizzy Gillespie (then 57) in good form for the period, interacting with Peterson on such pieces as "Caravan," "Autumn Leaves," "Blues for Bird" and two of Gillespie's originals that have become standards: "Dizzy Atmosphere" and "Con Alma." It's a worthy acquisition for fans of Peterson and Gillespie.


爵士队的最好的部分是伟大的大师两个人玩;奥斯卡彼得森与吉莱斯皮今天的工作; vol.104 [数字化作战符号]
最终也付出了今年的工作,勉强呼吸。
所以这一次,在平静的地方,音乐文章,一直在沉默许久容易。
说这个故事,朵的故事爵士的作品,其中今年夏天晚些时候继续。
在过去,但谁自1960年以来出现的艺术家的新的主流一直是该中心的工作铎的谈话,这时候..................

爵士是现代爵士自1940年以来这似乎流,双核的工作原理是其初期比伟大的艺术家的两个人谁一直在爵士乐的一种新的流的拖车。

而它的伟大的艺术家,回荡和吉莱斯皮的小号打开现代爵士乐的领导到现代,一次性使用所有的手段与庞大的身躯,在剧中的名字,这是充满了令人兴奋的和优雅的挥杆感觉历史的门奥斯卡彼得森的钢琴家。

而且,工作,两个人热情为多年的老友谊,这是我们的爵士就是这样,敢于争先听而不四五个说! !只有简单的标题“奥斯卡·彼得森和吉莱斯皮”不说。

所以,首先你说的五四,从他的作品前,歌曲让我们做到这一点,开始从一些著名的艾灵顿公爵的“大篷车”关于审理。

后一个主题发挥皮特森比原来的乐曲速度更快的进行播放,头昏眼花小号即将在切尖锐仿佛穿越每空气切跳进音乐。性能逐渐去了热色彩,很快走在快速连续的声音就像机关枪命中。
对,彼得森还充分利用了许多钢琴家渴望超越技术,现代的工作中,要以更快的速度拓展大型独奏规模的支持起到摇摆爵士乐的氛围,他自己,而且确实紧张我认为这是打满的惊心动魄之感。

紧张和惊险的感觉,应该是它感觉到了很多,这项工作在1974年生产的稀有性,头昏眼花这部戏已经由独奏家奖1976年格莱美奖获得最佳爵士乐表演它是为在罕见。

它的辉煌正在发动一场戏DG吉莱斯皮,与40年代的中音萨克斯球员查理帕克,爵士的新时代,导致在此之前摇摆音乐的现代变化,爵士,被称为“双防喷器”创始人中的重要人物的历史,但之一,非常多的生活,它的​​普及这是多了一个日本Oite的。

因为,从时间在晕阶段时,它显示了滑稽可笑的行为,但在它的观众是用了他一流的幽默试图去尽情发挥,显然它洒表现,当时日本没有废话爵士球迷之间的,将被视为轻浮和不择手段的行为,你喜欢音乐本身也有它的原因的不值得的事情作为已被回避听。

但是,如果你听这种打法,我想你也知道,这是荒谬的一种误解。

而这一点,吉莱斯皮伟大的小号前期雅,如无与伦比的,他在一个又一个的优秀人才所有者作为一个作曲家,往往会给后的音乐世界有很大的影响我已经离开了的结果。

典型的东西,性能创始人的拉丁爵士。
古巴出生的球员康加Chano“遭遇波索下半年的20世纪40年代,然后,把他拉到自己的大乐队,但两者都留下了不少名作,包含了一套非洲 - 古巴节奏。

智力那么,是不是性能都包含在这张专辑里,他建立了拉丁爵士的杰作,他的外观上采用了独特的幽默被记住的,现在也可以作为一个爵士音乐家代表现代是,如果有艺术家的合演的视频,请访问:因为有它。

这首歌,有头晕,Chano波索的合作,是“天田迪奥”。

因此,这是,我打了中音萨克斯手大卫·桑伯恩。
现在它是著名的桑伯恩作为王牌的熔合线,为我,到目前为止融合性能,庄严地转动关心的东西缺少感觉是习惯不喜欢我,但那个,,晕合作伙伴它是让我听戏,事实上,如果谁做了一个名字不同的音乐家,我们已决定审查它的存在。

即便如此,吉莱斯皮,与老虎的宠物所面临的独特的顶部,如图那个吹满膨胀,这是渴望也是日野皓正的脸颊,是不是彻头彻尾的冷静。


好了,回到原来的故事,这部作品的故事。

奥斯卡·彼得森为晕了,因为我以前写的彼得森文章,以获取更多的信息,被要求看看那里的方向(文章是在这里→),原来是彼得森,他的演奏风格被认为是中学,头昏眼花因为一代旧式艺人比,这两个人考虑它,但它是我认为比他已没有多少共同主演从风格的差异,其实,这两个男人,从60年代50年代初,随着神韵记录记录留下的标志艺术家是诺曼葛兰兹曾主持过一些有价值的即兴演奏的,已经做有时合演记录关系。

这74年合演,巴勃罗记录制作这部作品,也从一个事实,即资助是始建,我喜欢这样的团聚录音是由资助的​​噱头21年来第一次实现了的。

播放是两个人用Enjukumi随听,不同风格的味道已经建立了自己的利用足够的世界。
特别是,彼得森的钢琴,听拉格泰姆和发电的要素摆的旧风格,在DG的小号就成了一个华丽的印象完美的和谐,感觉像是已经产生很大意义上的规模I.

因此,这些声音的两个人的世界,下一首歌是漂流的味道的深度,这是潮湿的一出戏,这首歌是吉莱斯皮作曲家“精读阿尔玛”。

原来这首歌,我调在拉丁美洲触摸的节奏进行播放,并已做调味料,类似经典的民谣,我认为这是表现感到成熟的大人的味道。

顺便说一句,这个工作,其实我本来有一个视频。
也正是这样的工作,买了它说,看表现应该叫工作室电视直播这项工作发布之前,因为已经完全喜欢,也看到了当时这个唱片封套视频的是这样的,因为那些相同者。

视频中,没有发现任何YOUTUBE,通过各种手段,我以为这就是我想再次看到它,我会不会有地球上任何地方...........



大巨匠二人が奏でるJazzの醍醐味;Oscar Peterson & Dizzy Gillespie 本日の作品;vol.104    [デジタル化格闘记]
今年の仕事纳めも终わり、やっと一息。
そこで今回は、落ち着いたところで、ご无沙汰しがちになっていた音楽记事を。
ということでそのお话は、この夏以降続けているJazzのDuo作品のお话。
これまでは、1960年代以降登场した新主流派のアーティストが中心のDuo作品のお话をしてきましたが、今回は.................。

ジャズが1940年代以降登场したモダン・ジャズの流れの中で、その草创期よりジャズの新しい流れの牵引者として活跃してきた二人の大物アーティストによるDuo作品。

その大物アーティストとは、现代に至るモダン・ジャズの歴史の扉を开いたトランペットのDizzy Gillespie と、大きな体でその楽器のすべてを使い切り、豪快かつ流丽なスウィング感に満ちたプレーでその名を轰かせたピアニストのOscar Peterson,。

そして、その作品は、长年旧交を温めて二人が、これこそ俺たちのジャズなのだ、四の五の言わずにまずは聴いてみろ!!と言わんばかりのシンプルなタイトルの”Oscar Peterson & Dizzy Gillespie”。

Oscar Peterson & Dizzy Gillespie.jpg

ということで、まずは四の五の言う前に、その作品から、曲はデューク・エリントンの有名なナンバー”Caravan”から聴き始めることにいたしましょう。

原曲より速いテンポで演奏されるピータソンの弾くテーマの后、あたりの空気を切り裂くかのように鋭い切り込みで音楽に飞び込んで来るディジーのトランペット。その演奏は次第に热を帯びて行き、やがてマシンガンのごとく矢継ぎ早に音をヒットさせて行く。
対する、ピータソンも、スウィング・ジャズ的なノリでそのプレイをサポート、自らも现代活跃する多くのピアニスト憧れの超絶テクニックを駆使して、早いテンポでスケールの大きなソロを展开して行く、実に紧张と痛快感に溢れる演奏だと思います。

その紧张と痛快感、それを大いに感じるのもそのはずで、1974年に制作されたこの作品、この演奏でディジーは1976年のグラミー赏で Best Jazz Performance by a Soloist 赏を受赏していたという絶品中の絶品なのです。

その素晴らしプレイを繰り広げているディージー・ガレスピー、40年代アルト・サックス奏者のチャーリー・パーカーとともに、それまでのスウィング・ジャズの変わる现代につながる新时代のジャズ、”ビ・バップ”创始者として知られるジャズの歴史上の重要人物の一人なのですが、どうもその生前は、日本おいてのその人気は今一つだったのです。

というのも、ディジーのステージで时折、见せるひょうきんなふるまい、観客にそのプレーを楽しんでもらおうとい彼一流のユーモアを交えたパーフォーマンスだったのですが、どうやらそれが、当时日本の生真面目なジャズファンの间では、軽薄で不谨慎な振る舞いと受け取られてしまい、その音楽自体も聴くに値しないものと敬远されてしまったことにその原因があったようなのです。

しかし、このプレーを聴けば、それがとんでもない思い违いであるということがよくわかりますよね。

そしてこの、他の追随を许さぬような素晴らしいトランペット・プレヤーのディジー・ガレスピー、その彼にはさらにもう一つ、作曲家としても卓越した才能の持ち主で、后の音楽界におおきな影响を与える多くの业绩を残しているのです。

その代表的なものが、ラテン・ジャズの创始者としての业绩。
1940年代の后半のキューバ出身のコンガ奏者 Chano" Pozoの出会い、その后、彼を自身のビッグバンドに引き入れ、共に组みアフロ・キューバン・リズムを取り入れた多くの名曲を残しているのです。

それでは、このアルバムに収められている演奏ではありませんが、彼の筑いたラテン・ジャズの名曲を、独特のユーモアを持った彼の姿が偲ばれる、そして今や现代を代表するジャズ・ミュージシャンとしても知られるとあるアーティストとの共演の映像、それがありましたのでご覧ください。

曲は、ディジーとチャノ・ポソ共作で、"Tin Tin Deo"です。

そうこれは、アルト・サックス奏者のDavid Sanborn との共演ですね。
今やフュージョン界のエースとして有名なサンボーンですが、私としては、これまでそのフュージョンの演奏、なにか気の抜けた感じがして驯染めないでいたのですが、、あのディジーを相方に回して堂々としたプレーを聴かせてくれている、さすが、名を成したミュージシャンは违うと、その存在を见直すこととなりました。

それにしてもディジー・ガレスピー、独特の上を向いたトラペットを持って、あの日野皓正も憧れたという頬をいっぱい膨らませて吹く姿、なんともカッコいいではないですか。

さて、话を元に戻して、今回の作品のお话。

ディジーに対するオスカー・ピータソン、そのピータソンについては以前记事に书いたので、详しくはそちらの方を见ていただくこととして(その记事はこちら→)、本来そのピータソン、その演奏スタイルは中间派と言われ、ディジーよりは一世代古いスタイルのアーティストなので、それを考えればこの二人、そのスタイルの违いから共演することはあまりなかったのでは思ってしまうのですが、実はこの二人、1950年代初めから60年代、多くの贵重なジャム・セッションのレコーディングを残したNorman Granzが主宰したVerveレコードの看板アーティストとして、时には共演レコーディング行っていた仲。

この74年の共演も、この作品を制作したPabloレコードが、同じくそのグランツが创设したものであったことから、グランツの仕掛けにより21年ぶりにその再会レコーディングが実现したもののようなのです。

その演奏はお聴きのとおり円熟味を増した二人が、その异なったスタイルの持ち味を十分に生かし独自の世界を作り上げていた。
特に、ピータソンのピアノからは、世代の古いスタイルのラグタイムやスウィングの要素が聴かれ、それがゴージャスな印象となって见事にディージーのトランペットと调和、大きなスケール感を生み出しているように感じられるのです。

そこで、そうした二人の音の世界、次の曲は、しっとりとした味わい深さの漂った演奏で、曲はディジー・ガレスピー作曲の”Con Alma”です。

本来はこの曲、ラテン・タッチのリズムで演奏される曲なのですが、それをクラシックにも似た味付けのバラード曲に仕上げている、円熟した大人の味を感じる演奏ではないかと思います。

ところで、この作品、実は映像があるはずなのです。
と言うのはこの作品、それを买ったのも、この作品がリリースされる前にTVでそのスタジオ・ライブともいうべき演奏を见、すっかり気に入ってしまったからで、このレコード・ジャケットもその时の映像で见たものと同じものだからなのです。

その映像、YOUTUBEでも见つからず、是非とも、もう一度见てみたいものだと思っているのですが、一体どこにあるのでしょうかね..........。

引用
Release DateJuly 30, 2002
LabelJVC XRCD / JVC Compact Discs
Format CD
Duration 54:22
Release Info Instrumental Studio Recording
Catalog #219

Review by Scott Yanow
This album was the first of five projects in which pianist Oscar Peterson dueted with a trumpeter. Now reissued on CD, the encounter finds Dizzy Gillespie (then 57) in good form for the period, interacting with Peterson on such pieces as "Caravan," "Autumn Leaves," "Blues for Bird" and two of Gillespie's originals that have become standards: "Dizzy Atmosphere" and "Con Alma." It's a worthy acquisition for fans of Peterson and Gillespie.

Credits
Liner Notes – Benny Green (2)
Photography – Phil Stern
Piano – Oscar Peterson
Producer – Norman Granz
Trumpet – Dizzy Gillespie
Notes
Recorded November 28 & 29, 1974, Advision Studios, London, England


Oscar Peterson & Dizzy Gillespie ‎– Oscar Peterson & Dizzy Gillespie
Label: Pablo Records ‎– 2310-740
Format: Vinyl, LP
Country: US
Released: 1975
Genre: Jazz


IPB Image

IPB Image



专辑曲目

1."Caravan" (Duke Ellington, Irving Mills, Juan Tizol)
2."Mozambique" (Dizzy Gillespie, Oscar Peterson)
3."Autumn Leaves" (Joseph Kosma, Johnny Mercer, Jacques Prévert)
4."Close Your Eyes" (Bernice Petkere)
5."Blues for Bird" (Gillespie, Peterson)
6."Dizzy Atmosphere" (Gillespie) –
7."Alone Together" (Howard Dietz, Arthur Schwartz)
8."Con Alma" (Gillespie)

正在读取……

这里是其它用户补充的资源(我也要补充):

暂无补充资源
正在加载,请稍等...

点击查看所有21网友评论

 

(?) [公告]留口水、评论相关规则 | [活动]每日签到 轻松领取电驴经验

    小贴士:
  1. 类似“顶”、“沙发”之类没有营养的文字,对勤劳贡献的楼主来说是令人沮丧的反馈信息。
  2. 提问之前请再仔细看一遍楼主的说明,或许是您遗漏了。
  3. 勿催片。请相信驴友们对分享是富有激情的,如果确有更新版本,您一定能搜索到。
  4. 请勿到处挖坑绊人、招贴广告。既占空间让人厌烦,又没人会搭理,于人于己都无利。
  5. 如果您发现自己的评论不见了,请参考以上4条。