v

您的位置:VeryCD音乐古典音乐

音乐资源事务区


Gary Karr -《无伴奏大提琴组曲-全集》(J.S. Bach solo suites complete)[FLAC]

  • 状态: 精华资源
  • 摘要:
    古典类型全集作品
    发行时间2006年03月21日
  • 时间: 2014/02/17 13:20:15 发布 | 2014/02/18 23:33:15 更新
  • 分类: 音乐  古典音乐 

alanfish

精华资源: 2006

全部资源: 2007

相关: 分享到新浪微博   转播到腾讯微博   分享到开心网   分享到人人   分享到QQ空间   订阅本资源RSS更新   美味书签  subtitle
该内容尚未提供权利证明,无法提供下载。
专辑英文名J.S. Bach solo suites complete
专辑中文名无伴奏大提琴组曲-全集
别名[2 CD]
艺术家Gary Karr
古典类型全集作品
资源格式FLAC
发行时间2006年03月21日
地区日本
语言英语
简介

IPB Image

专辑介绍:

【巴哈大提琴无伴奏组曲】 Gary Karr挑战「音乐之父」巴哈的传世之作:大提琴无伴奏组曲全集,他以洗鍊扎实的技巧与内涵,让这几首作品散发出前所未有的魅力:心思细腻縝密、表情 丰富精彩,带来无限之感动。

产品编号:4988003317911
游戏类型:独奏
制造商:KING RECORDS
产地:进口/日本
发布日期:2006-03-21
作曲:约翰·塞巴斯蒂安·巴赫
播放器:加里·卡尔(低音提琴)
数量:此商品已售完。

It is not just a unique sound of Bach. It’s a performance of a powerful fermentation of the mass of memories, rushing toward now, depriving its space, and scattering it to all directions. Gary Karr recorded this album in his home studio. His performance of Bach demonstrates a refined sense of freedom and pleasure supported by the origin of a natural and happy time. I was able to listen to it by immersing myself in the relationship between the people and the world.

Vladimir Jankélévitch said in his book titled “De La Musique Au Silence - Fauré Et L'inexprimable” that music is something that goes beyond words and that its appeal is a longing for eternity. I was embraced by an indescribable attraction of music and its unique aroma. I felt solitary and a subtle happiness as I secretly explored this nameless world. I went back to the moments when I was with my daughter in a nearby mountain village and when we went out to see a Kabuki performance played by children in a shrine. The world around us must be dense but remains mystery to us. Still, it embraces the inexpressible musical virtue at its bottom.

I finished listening to the last piece, No. 6. Before I knew it, the sky had changed its color to red and winds were blowing through the bamboo trees. In this glorious moment, I was standing at the intersection between eternity and moment. It is such a wonderful place created by time through a continuous fermentation of music. My daughter sometimes asks me why the earth rotates. I cannot answer to her question, but I feel delighted. This is also quite difficult to express in words. No. 6 and each allemande are filled with such musical mystery.

引用

http://doublebassphotography.com/bass_albu...-30.html

原文

「私がバッハから教えられたことを最もよく表现できる场所は、私の家である。私のスタジオの窓や海や岛々、そして雪をかぶった山々を眺める时には、世界と、そしてバッハとひとつになったと感じる。それが、この穏やかな周辺に面した私自身の家で、この组曲を録音することにきめた理由である。」 Gary Karr

聴いている耳が、音についていきながら前の音の记忆の响きをたどり、その记忆を反芻するように今の音が混在して聴こえてきた。バッハの音楽がそのような响きをつたうようにできているからか、それがチェロよりも弦の长いコントラバスだからか、というふうにお决まりのようないつもの耳で聴き始めていたのだが、音を聴いてからすぐさま色々な记忆がやってくるのだった。押し寄せる今の、その追忆の块のようなものに袭われ、场があらゆる方向に力强く発酵されていく演奏だ。バッハの无伴奏チェロ组曲を聴くときそれがどんな楽曲で、どのようにできているのか、どのように解釈すれば良いかということも一兴であろうが、そういうことにはあまり関心がなくなってきている自分に気がついて、演奏自体のなかに入ってより自由に思いにふけりたいと仆は感じていたようだ。このゲーリーさんの洗练された自由度と快楽感は一体どうして可能なのかと聴きながら思っていたけれど、音质や音の响きのことにせよ、自宅のスタジオで録音されていると聴き终わってから知って、なぜかことごとく腑に落ちた気がした。

「私はこれ(组曲)を他の人びとと分かちあうことはできないだろうか。聴取の前でこのリラックスした状态に达するためにはどうしたらよいのだろうか。(中略)バッハを演奏することの诱惑は非常に强いが、私がバッハの组曲がきわめて独特であり感动的であることがわかったがゆえに、私はそれを公の聴众と分かち合うことができなかった」。Gary Karr

つかの间の本当の幸せは、本当にいい演奏ができたときのように仆のからだと世界の条件がぴたりと整わないとめったに味わえないだろう。それは意図したり、いついつどこでと予定したりしてできるものでもないのに、ゲーリーさんのバッハは自然で幸福な时间の源泉に支えられていて、人と世界との関係性のなかに身を浸しながら通して聴くことができる。今日は牧歌的なようにも聴こえた。求めているところが音楽そのものにあるということがよくわかったし、彼は一人の求道者なのだろうと思う。バッハの精神的高贵さと独特の客観性とゆがみ、そして肉体的エロティシズム、あの浑然一体にどうしようもなくうながされて、あのコントラバスから响く低音、そしてふくよかな高音の、突き上げられるような情感に任せたフォルテシモも、聴いていて楽だった。

自分の近くにあるようで本当は知らない、でも密やかであるにちがいない世界は、何とも形容しがたい音楽的な魅力をその底辺に知らず知らず深くたたえている。あまりに近くだからそうとは知らず、しかしながら常に场を人びとがほどよく慎ましげに手入れしているような场所。コンサートホールや観光旅行でもなく、いつもの见惯れた风景をいつものように眺めるのでもない。近所の旅の小さな魅力は、音楽のいわく言いがたいあの独特な匂いに満ちていて、谁にも开かれている小道を歩きながら世界を自分自身が秘かに味わってゆく孤独とささやかな幸福、その深い梦の时间はどうしてだろうか、鲜やかな记忆の苏生をうながす。その记忆は、他者によって巻き戻されセピア调に再加工されたすさんだ色ではなく、自分自身の音楽経験を通じてここにみえていて、デジタルカメラふうにいえばありえないほどのヴィヴィッドな色をしている。

こんなふうにこのバッハ无伴奏は、仆にとっては鑑赏して何かを吸収すべき録音というよりも、めったに経験されない洗练された日常の出来事の强烈な光の印象记忆でありつづけたようだ。聴きはじめは、ゲーリーさんがバッハを弾く时のように仆の家の二阶の部屋の窓から外を眺めると、木曽川の向こう侧の山の岩の肌が照りつける太阳に辉いて见えた。短い记忆が次々と仆の脳裏を活性化させながら、滞った血と神経の流路がいったん断ち切られ、新たにつながって回复新生してくる。これを书いているいまは、空は赤く染まり周囲は音に発酵され、荘厳たる趣を醸し出し始めた。窓を开けて通しで聴いていたのだが、聴き终わったいまは特にそうかもしれないが、风はいつも自由自在で竹のそよぐ叶の重なる音は风の一瞬の在処を教えてくれる。音楽を聴いたあと运が良ければ、永远と瞬间の交差点に仆はたっている。発酵し続けた时间のもたらしてくれるなんと魅力的な场所であることだろう。

ジャンケレヴィッチは「音楽から沈黙へ/フォーレ、言叶では言い表しえないもの」という本のなかで「魅力というものは定めがたい故に、永远の憧れたり得るのである」と书いている。膨大な论考のなかで、あるいはその膨大な思考にもかかわらず、音楽の魅力自体は言叶にならない知りえぬものなのだと断じている。音楽とは言ってみれば永远の憧れなのかもしれない。言うまでもないことだろうけれど、音楽の魅力自体がバッハの身体にのりうつったとしか思えない。フォーレとも亲交があったというプルーストは、身近な记忆をほとんどあり得ないほど详细に丁宁に描写した。ここまで书いたことは无论ほんの一部でしかなくて、このバッハを通して聴きながら様々なことが思い起こされたのだが、低音でかき鸣らされた6番を聴き终えた身体で内侧に入って记忆を辿り、いわば音楽のプルースト现象/无意识的记忆の飞沫を救い上げておこうと思う。音楽は记忆のきっかけ、永远と瞬间の鲜やかに交差する场所を通じて、具体记忆が呼び起こされる。そもそも梦枯记の场所はその鲜明なる记忆の瓦砾のことばだった。今回、仆の记忆は近い过去の幸福に时をまたいだようだ。いったい时はどちらからどちらへ流れているのか。

CD1。第3番から始まり第2番、第1番へともどっていく。

このあいだの日曜日、娘の通っていた保育园の小さな裏山を何人かの家族が集って散歩した。畑の间を缝うように小道があって芋の叶が风に揺れている。子供たちはその叶たちが自分で踊っているといって芋としばらく戯れていた。やがてあらわれた竹林は大変良く手入れされていて、一本一本の干が太く、京都のお寺にあるような立派なものとは违う趣だが、各々の竹がしっかりと响きあいながら堂々と仆を迎えてくれる。近くの畑で谁かが燃やしているこげた木のにおいがどこかからしてきて、自分はまだ生きているのだなと肌が震える。それからしばらく物思いに耽ったが、いったい何を思っていたか。この山里の小宇宙の向こう侧にはアプローチの悪い、けれどかなり大きな公园があって、ほどよく游具がちりばめられている。子供たちは芝生の坂を転げ落ち、自分たちで游びを见つけて自分を忘れているようだ。秋晴れのとてもいい日和だった。

CD2。第4番から第5番、そして第6番で终わる。

次の土曜日、仕事でくたくたになったあと、半ばもうろうとして木曽川を挟んだ隣の市の古い神社のお祭りに娘と二人で子供歌舞伎を観るためにでかけた。夕暮れのとてつもなく柔らかな光と古い匂いのする数々の小屋や建物、大杉があって、地元の人たちのにぎわいの声と、屋台のおじさんの威势のいい声、远くには囃子の音が聴こえてくる。こういう场所にいったん迷い込むと、だらしなく漫然としてはいられない。こみ上げてくる何者かの声に従って1300年続くこの神社界隈を楽しもうと久しぶりに思えて身体が楽になる。だんだんと神社の参道をあるいて近づいてきた鸟居をくぐる。あの境内のなかで、仆は写真を撮りながら何かを思っていた。たぶん幸せなときは、世界を対象化する眼の身体と出来事に入り込む身体とが复雑に交差してくるから、眼で何かを聴きながら撮影している。デジタルカメラでとっていても、何が写っているかそのときはわからないフィルムカメラでとっているかのような感覚だ。フィルムの粒子の物质感が记忆を支えているかのような世界の断片、音楽の记忆と写真の粒子の集积が镜の表裏のようにかぶった。囃子や三味线や人々の雑踏の音も闻こえるし世界は絶対にそこに动いて见えているのに、时间も空间もすべてが深い静寂のうちに立ち止まっていた。仆の身体は固まったようで立ち尽くしたままだった。どうしても目の前にある屋台のものが食べたくて、20分もできあがるのを待っていたようだった。娘は途中友达をさがしにいっていたかもしれないが心配しなかった。大胆にも上手にまるくひっくり返されたたこ焼きは、同じような形なのに手に取ってたべれば一つ一つ微妙にちがう。できたてあつあつの大たこ焼きを戻ってきた娘と时间をかけてほうばる。たこ焼きのおかげで内侧から冷えたからだもあたたまる。外と壁で仕切られていない古い歌舞伎小屋のなかへ入ると、白涂りの子供役者たちの顔と手作りの垂れ幕が出迎えてくれた。地元の子供たちの悬命に练习した歌舞伎のお披露目が终わると大きな拍手、ご褒美のお菓子お捻りが客席から山ほど投げ入れられた。世界と密着していて现にここに生きているこの浓密な感覚を胸に、大事に抱きしめるように帰途についた。

なんで地球は回っているの?と娘に昨今よくきかれることがあるが、答えることのできないうれしさがある。最后の6番と各々のアルマンドはそんな音楽の谜に満ちていた。

Google translate 谷歌翻译


这是我的家,当你看雪山和岛屿,海上或我的工作室的窗户,在那里你最能代表认为,“我是从巴赫,一个与巴赫教授,并与世界我觉得它已经成了。它。 “加里卡尔这就是为什么它被决定安置自己面对这宁静的街区,并记录该套房

我们已经听说过现在混合下列耳朵的声音的记忆的声音之前,你听是声音,而我们将要发出声音,从而使内存反刍。这是因为如果我们已经开始听的耳朵总是像往常一样,或者因为他们可以巴赫的音乐作为运行了一个这样的声音,好像它还是因为双低音弦长比大提琴,但声音存储各种能力立即从收听到来。它是一种性能攻击现在我会冲过去,像回忆的质量,地方也逐渐在各个方向发酵旺盛。事情在任何音乐,它是怎么回事,我们怎么怎么我会解释的时候听巴赫的大提琴组曲也将是有趣的,但利息已经不多了太多那种事我似乎觉得,意识到自己是谁,你想进入一些本身的性能后放纵和思考更自由。而且我想一边听,为什么快乐和自由的感觉,已经细化这Gary的是可能的吗?地狱,但我知道在听完事情的方式和声音的音质,并已记录在家庭工作室,我觉得这是完全正确的,完全出于某种原因做了。

“我有玩什么巴赫( SNIP ) 。想知道我该怎么做才能达到聆听和放松前面的这个状态的诱惑。将无法与其他(套)的人分享这很强大,但它被认为是一个摸我是一个非常独特的一套巴赫,但因此,我不能与公众它的观众分享。 “加里·卡尔

真正的幸福转瞬即逝,你将不能够品尝到世界罕见的情况和我的身体是不是清和紧贴因为当你在玩真的很好。虽然有没有打算或者,也可以是时间,何时何地,你已经或计划,你被时间和自然快乐源支持,它只与世界和人的关系有些Gary的巴赫它可以通过闻,而沉浸。我听到也为今天的田园。我认为它已经发现,往往是在音乐本身,你们要问的地方,他会一个人的导引头。无奈的启发物理色情和失真,客观性和巴赫的独特的精神贵族,在揉合在一起,饱满的高音和低音,从低音提琴的声音,情感,如推高极强的允许也更容易被监听。

我不知道是不是真的似乎是对一个人的家门口,但世界必须是一个秘密被称赞深深不知不觉接近其底部魅力​​的音乐很难绰号什么。不知道是这种情况,因为它太接近,但是放置如在护理谦逊温和下来的人在任何时候都占有一席之地。也不是旅游和音乐厅,也不认为那样熟悉往常一样平常的风景。附近的征程小的魅力,幸福是谦虚,自己孤独的滋味欲哭的秘密世界边走边你是充满了独特的气味,是很难说的路径说,音乐的,是开放给任何人,深做梦时间我不知道为什么,我鼓励的生动记忆的复苏。而不是你已经砍断了重新加工成棕褐色调被他人平仓的颜色,你在这里看到通过自己的经历,回忆,而且颜色不够鲜艳不可能讲数码相机福乐有。

这巴赫,而不是要记录被吸收的东西欣赏对我来说,似乎仍然是强光日常复杂的不是很少遇到像这样的事件印象记忆。在一开始,并从房间在我的房子,当加里的得到了很多巴赫的二楼的窗户看出去,我能看到的木曾川的另一边照着在山上的岩石在阳光的皮肤映照听证会。同时激活我的短记忆头脑是此起彼伏,神经和血液滞留的流动路径被切断后,来到刚复苏,并导致新的。现在写这篇文章的,环境是发酵的声音空染成红色,并开始带来的是庄严的味道。这是因为如果我们已经从敞开的窗户听着,但可能现在我已经完成了听力是尤其如此,但风告诉我们在哪里可以找到风的声音一会儿重迭的树叶在沙沙的竹一个自由始终。运气,我听到的音乐是好之后,我站在的时刻,永远的交叉点。这将是什么带来的时间继续发酵一个迷人的地方。

Jankelevitch写道: “因此,很难定义,一个叫魅力的事情是得到或渴望永恒”等书被称为之中“的事情并不快车沉默/福雷,在音乐的话” 。你绝对,尽管巨大的思想或其中的广大讨论,音乐本身的魅力,我还用它不被知道,它不会成为字样。它可以是这样的渴望,因为它是永恒的音乐。这将是不用说的,但我不认为音乐本身的魅力只有拥有了巴赫的身体。普鲁斯特有与福雷进行了仔细的详细描述为不可能一个熟悉的记忆了深厚的友谊。如果没有当然只有一小部分是,你写了这么远,那不同的,他同时通过听巴赫提醒,但内存进入聆听完第六体内后,这是Kakinarasa低音我觉得我跟着,让我们的救恩提出了普鲁斯特现象/无意识记忆的音乐飞溅,可以这么说。内存触发,通过跨越生动的瞬间,永远的地方,特定的内存被唤醒的音乐。一开始就有一个梦想的地方枯记是存储的废墟清晰的话。这一次,我的记忆似乎对面不时在幸福最近的过去的。难道他们从一个流向大地时。

CD1 。回到2号开始第3,第1期。

星期天在此期间,我出去走了走几个家庭人聚集的小山丘上幼儿园,这是参加女儿的背面。马铃薯的叶子摇曳在风中,如果有通过现场线程的路径。孩子们已经眉来眼去了一段时间,土豆说其叶子和我们跳舞自己。竹林中出现很快你是在良好的条件下非常,一个个干厚,它的味道,从那些可敬的寺庙在京都有所不同,但我和长柄各做各的竹音艾牢固映入眼帘。木材燃烧别人的皮肤颤动的气味是燃烧在现场附近一直是从什么地方,他就会娜还活着。然后,他沉思沉迷了一段时间,但我想确切。不好的做法,但有一个相当大的公园,游乐场设备适度镶嵌在这个山村的缩影另一侧。滚下了草坪的斜坡,孩子们似乎忘记了自己找一个发挥自己。这是一个非常美好的一天为秋季的天气。

CD2 。而在6号和5号结束,从第4位。

该下周六之后,就筋疲力尽了在工作中,我去看孩子歌舞伎中的两个女儿和城市的古老神社的节日旁边横跨木曾川的销售,即使中间的一个尝试。建有木屋,和许多旧的气味和令人难以置信的柔软的光黄昏,语音和当地人喧嚣的大杉,摊位语音横飞的叔叔,音乐伴奏的声音被听到远处传来来了。如果你漫步在曾经把这个样子,实在不忍心将松散拖泥带水。身体变得容易与思考,第一次在很长一段时间,并尽量享受这附近神社其次是1300按照有人从我的眼睛的声音。在经过接近下行走逐渐接近神社鸟居。在这些理由,我想知道的东西,而拍照。当幸福或许,身体和进入人体和眼睛对世界的主题活动从进来一个复杂的相交,你拍摄,一边听东西的眼睛。即使采取了用数码相机,它的感觉,比如,如果他们采取了胶片相机你不知道当时是什么又上当了。的薄膜的颗粒物质上的世界照相片段的颗粒的堆积仿佛以支持存储和音乐上限为前部和反射镜的背面的存储。人与三味线伴奏喧嚣的声音,也听到了世界,虽然他们似乎在那里绝对运动,空间和时间在沉默中已经站住了所有的深。这是站在遗体我的身体作为固化。它似乎一直在等待想吃包括摊位的一切手段面前,并从构建20分钟。女儿可能会去寻找朋友的方法,但不担心。这是翻着章鱼以及圆润大胆,稍有不同的逐一如果你吃拿在手上,虽然它类似于一种形式。全球随着时间的推移更好地和女儿回来一个大的热腾腾的章鱼烧的了。由内而外感谢章鱼烧也温暖冰冷的尸体。当你进入老歌舞伎未一墙之隔外的小屋中,横幅和手工制作的脸刷白的儿童演员的迎了上去。歌舞伎的大掌声揭幕很难实行本地儿童一过,你的奖励糖果扭转了观众抛出关于山。乳腺此充实感住在这里实际上你是在与世界紧密联系,并动身回家仔细地拥抱它。

地球是旋转的,为什么?最近她的女儿有时问,但有一个喜悦,不可能是答案。第六个阿曼多,最后充满了这样的音乐的神秘面纱。


"I wanted to share my intense passion for this music in the tranquility of my home. As I face the ocean, islands and snow-capped mountains from the window in my studio, the music flows so naturally that it seems to blend with the nature that inspired my performance." - Gary Karr

IPB Image



专辑曲目

Disc. 1

01. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Prelude
02. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Allemande
03. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Courante
04. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Sarabande
05. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Bourrée 1 &2
06. Suite No. 3, BWV 1009, In C: Gigue
07. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Prelude
08. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Allemande
09. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Courante
10. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Sarabande
11. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Menuet 1 &2
12. Suite No. 2, BWV 1008, In D Minor: Gigue
13. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Prelude
14. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Allemande
15. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Courante
16. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Sarabande
17. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Menuet 1 &2
18. Suite No. 1, BWV 1007, In G: Gigue

Disc. 2

01. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Prelude
02. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Allemande
03. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Courante
04. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Sarabande
05. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Bourrée 1 &2
06. Suite No. 4, BWV 1010, In E-Flat: Gigue
07. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Prelude
08. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Allemande
09. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Courante
10. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Sarabande
11. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Gavotte 1 &2
12. Suite No. 5, BWV 1011, In C Minor: Gigue
13. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Prelude
14. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Allemande
15. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Courante
16. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Sarabande
17. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Gavotte 1 &2
18. Suite No. 6, BWV 1012, In D: Gigue

正在读取……

这里是其它用户补充的资源(我也要补充):

暂无补充资源
正在加载,请稍等...

点击查看所有136网友评论

 

(?) [公告]留口水、评论相关规则 | [活动]每日签到 轻松领取电驴经验

    小贴士:
  1. 类似“顶”、“沙发”之类没有营养的文字,对勤劳贡献的楼主来说是令人沮丧的反馈信息。
  2. 提问之前请再仔细看一遍楼主的说明,或许是您遗漏了。
  3. 勿催片。请相信驴友们对分享是富有激情的,如果确有更新版本,您一定能搜索到。
  4. 请勿到处挖坑绊人、招贴广告。既占空间让人厌烦,又没人会搭理,于人于己都无利。
  5. 如果您发现自己的评论不见了,请参考以上4条。