v

您的位置:VeryCD教育外语


《日经新闻听力—商业趋势》(Nikkei BizTrend)2009年4月[压缩包]

  • 状态: 精华资源
  • 摘要:
    发行日期2005年
    对白语言日语
  • 时间: 2008/02/11 11:11:03 发布 | 2009/05/10 19:33:34 更新
  • 分类: 教育  外语 

ophelia

精华资源: 8

全部资源: 8

相关: 分享到新浪微博   转播到腾讯微博   分享到开心网   分享到人人   分享到QQ空间   订阅本资源RSS更新   美味书签  subtitle
该内容尚未提供权利证明,无法提供下载。
中文名日经新闻听力—商业趋势
英文名Nikkei BizTrend
别名伊藤洋一のビジネストレンド
资源格式压缩包
版本2009年4月
发行日期2005年
地区日本
对白语言日语
简介

IPB Image


这是日经新闻从2005年10月开始的一个专题,由日本研究员伊藤洋一发表他关于世界经济各个方面的观点。
每周一个话题,是很好的听力材料,也是了解世界经济发展变化的一个窗口。

世界経済から身近な街角の出来事まで、めまぐるしく変化する経済や産业の新しい动きを伊藤洋一(住信基础研究所 主席研究员)が独自の视点で解説します。现代ビジネスマン必聴のビジネスプログラムです。

过去的部分将尽快更新,最新内容每月更新一次。大家也可以到日经网站查找相关内容和介绍。
Nikkei Net
Nikkei Biz Podcast

日经Trendy周刊(听力资料)http://bbs.VeryCD.com/topics/512019/

2008年日本经济新闻摘要版 http://www.VeryCD.com/topics/225728/

2008年日本经济新闻综合版 http://www.VeryCD.com/topics/225769/

各期内容简介:

2008年

Nikkei-Biztrend-0905.rar

第187回「パンデミックと日本経済」5月4日公开
メキシコで発生した新型インフルエンザは世界各地で感染が确认され、警戒レベルが「5」に引き上げられた。一方で今回のH1N1型ウイルスは比较的弱毒性で、鸟インフルエンザほどの猛威にはならないという见方が多い。パンデミック(感染症の世界的大流行)は起こるのか。世界経済に及ぼす影响は?そして我々はどのように対応するべきか。

Nikkei-Biztrend-0904.rar

第186回「ゴールデンウィークの経済学」4月27日公开
长期连休が取りやすい状况となった今年のGW。今年は例年とは违う人の动きが出てくるだろう。旅行者数は海外が3年ぶり、国内は2年ぶりに増加すると予想されているが、今年のGWの倾向から见えてくるものは?そして、カーシェアリングなどの新しい动きについて考える。

第185回「200円台弁当の経済学」4月20日公开
200円台のお弁当がブームで生産が追いつかない状态だという。昨年は物価高の波に翻弄されたが、今年は外食産业を始め一斉に値下げラッシュが続いている。世界的にデフレ悬念が浮上している中、日本経済も再びデフレスパイラルに落ち込むのだろうか。今后求められる政策は?

第184回「100年目の构造転换」4月13日公开
大量生産方式を确立したT型フォードが诞生して100年。自动车を巡る环境は悪化の一途をたどっているが、今后はガソリン车主体から、プラグイン・ハイブリットカー、电気自动车へ。そしてベンチャー企业が新たに自动车マーケットに参入。未来の自动车、自动车业界のこれから。

第183回「企业は"侍"からココを学ぶ」4月6日公开
日本の组织野球が世界を制し、连覇を果たしたWBC。今回の优胜のポイントは何だったのだろうか。そして、危机的経済环境の中で迎える新年度。世界市场で戦い、経済危机に打ち胜つために日本企业は戦术面でどういう视点を持ったらいいのだろう。WBCを振り返りながら参考にすべき点を考える。

Nikkei-Biztrend-0903.rar

第182回「长いトンネルの出口は见えたか?」3月30日公开
一部の报道では経済回复の兆しを伝えるものが见られるようになった。たとえば、米国の2月の新规住宅贩売戸数が予想外の増加、日本では消费者态度指数が2カ月连続で改善した。トリシェ欧州中央银行総裁は、経済が2010年から回复局面に入ることも可能との认识を示した。果たして长きにわたる経済混乱に出口が见え始めたのか。伊藤の意见を闻く。

第181回「10年目のiモード」3月23日公开
99年2月22日のiモードサービス诞生から10年が経过した。iモードによって携帯电话は「话す」机能だけでなく、コンテンツ配信や电子マネーの分野まで守备范囲を拡げ、今やパソコンと同等の机能を持つ「携帯端末」へと进化した。この10年を振り返りながら、iモードは私たちに何をもたらしたのか総括する。

第180回「世界経済危机、中国の対応は?」3月16日公开
ドイツを抜く経済大国に成长した中国。世界各国が注目する中で「全国人民代表大会」が开催された。雇用维持に必要とされる「8%成长」の実现に向けた政策が求められている。さて、全人代は中国民众、世界各国の期待に応えることができたのだろうか。

第179回「グリーン・ニューディールの○と×」3月9日公开
景気の浮扬をはかるため米オバマ政権が打ち出した「グリーン・ニューディール政策」。日本を始め世界各国でも同様の政策が进むなか、太阳光発电などの环境関连投资で雇用创出を狙えるのか?果たして経済的効果やいかに。また、その时日本は…

第178回「G7で见えた限界と希望」3月2日公开
G7共同声明にもかかわらず世界経済には大きな変化がなかった。成长余力が消え、确実に保护主义の流れも加速している。世界的な「负の连锁」が拡がる中で、今の経済危机にはどのような枠组みで対処していくことになるのか?

Nikkei-Biztrend-0902.rar

第177回「不况でも元気な企业」2月23日公开
リーマンショック后、赤字决算、人员カットなど苦境に苦しむ企业报道がされるなか、2ケタ増で最高益を记録した企业が50社以上にも上ぼる。厳しい経済环境にあえぐ企业は彼らから何を学べばいいのか?5つの要素分析などを交え、伸びる企业の特徴や努力、魅力を探る。

第176回「急浮上した政府纸币问题」2月16日公开
なぜ今、「政府纸币」発行なのか?かつて、バブル崩壊で引き起こされたデフレ経済への処方笺として竹下元首相も検讨したこともあった。特殊日本的现象とも言える「政府纸币」発行のメリット、デメリット、その正体は?

第175回「オバマ大统领就任后の市场动向」2月9日公开
オバマ米大统领の就任日、日経平均は下げ、円相场は87円台にまで上昇した。83%という高い支持率を持つ大统领の登场にもかかわらず市场は反応しなかったのだ。さて、オバマ政権のもと世界経済はこれからどう展开するのだろうか?

第174回「宇宙に飞び立つ日本の技」2月2日公开
世间の関心が高まるなか、打ち上げに成功した温室効果ガス観测技术卫星「いぶき」をはじめ、中小企业や大学発の技术が宇宙に飞び立とうとしている。他国の成功事例なども含め人工卫星はどのように役に立っているのか?そこでのニッポンの技术力、水準は?

Nikkei-Biztrend-0901.rar

第173回「ワークシェアリングは根づくのか?」1月26日公开
景気悪化による雇用対策として再び注目を集めているワークシェアリング。様々な问题点から、日本ではワークシェアリングの导入はなかなか难しいという。成功したオランダの例を取り上げ、なぜ成功できたのか、そして日本が成功するための条件は何か考える。

第172回「2009年定点観测のポイント」1月19日公开
2009年のビジネス环境を俯瞰するために、ビジネスマンとして押さえておくべき定点観测ポイントについて解説。どこを见れば2009年の経済の流れの変化がわかるのか。アメリカ、EU、中国、インドなどの経済指标は何か?そして日本は?

第171回「2009年を展望する」1月13日公开
激动の2008年が终わり、経済は厳しいまま、世界中で失业率は高いまま、新年がスタートした。2009年を乗り切っていくために必要なことは?伊藤洋一がこれから1年间に起こりうることを予测する。

2008年

Nikkei-Biztrend-0812.rar

第170回「アメリカ自动车业界の今后と教训」12月29日公开
米政府はビッグ3に対しつなぎ融资を実施すると発表したが、まだ非常に厳しい现状。 つなぎ融资の后はどうなるのか。オバマ次期大统领の今后の対策は?今回のアメリカにとっての教训とはなんだろう。

第169回「年末総集编、伊藤洋一流2008年を振り返る」12月22日公开
今回は年末恒例、様々な分野の中から伊藤洋一が特に兴味深かったトピックスをピックアップする。年の初めと终わりでこれほど経済环境、マーケット环境が激変した年もめずらしい。今年起こった出来事を振り返り、同时に2009年の日本、そして世界の変化を予测する。

第168回「利下げの先にあるものと、ドル」12月15日公开
主要国の相次ぐ利下げが続き、今后もまだ続くと予想。世界的にゼロ金利の状况も见えつつあるが、世界同时量的缓和に突入した感のある経済环境に残された选択肢は・・・。そして、揺らぐ「ドル基轴」の行方は?

第167回「脚光を浴びる太阳光発电、さて日本は?」12月8日公开
クリーン・エネルギーの本命として脚光を浴びる太阳电池。石油の価格が下がっても、その将来性はますます注目されている。日本は长年にわたり太阳电池生産量でトップを保ってきたが、最近はドイツ、中国、台湾などのメーカーの生産量が急激に増え、10年前に比べて势力図は大きく変わってきている。日本のメーカーが伸び悩んでいる背景は?

第166回「低価格パソコン対携帯电话」12月1日公开
アスースやエイサーといった台湾势に続き、日本・米国メーカーも参戦している话题の低価格PC。评価は完全に分かれているようだが、価格的にも机能的にもPC vs携帯の时代がやってきた感がある。自分のパソコン感が今年一年でガラッと変わったと言う伊藤は、「でも5万円パソコンは自分は使えない」らしい。その理由は?

Nikkei-Biztrend-0811.rar

第165回「世界を覆う自动车危机」11月25日公开
原油価格の高腾や金融危机の影响が自动社业界にも広がっている。米GMがクライスラーと进めていた合并协议が物别れに终わり、GMの株価は3ドルを切る水準にまで落ち込んだ。贩売不振が追い讨ちをかけ、资金ショートが现実のものとなりつつある。苦境に立った米自动车业界に何が起こっているのか。日本への影响は。

第164回「オバマ次期政権の行方」11月17日公开
女性や黒人、若者、ヒスパニックなど幅広い支持を集め、黒人初の米大统领となったオバマ氏。今回、オバマ氏が圧胜した理由は?オバマ氏とマケイン氏の差はなんだったのだろうか。2009年1月20日にオバマ政権が诞生する。世界を取り巻く情势は今后どう変わるのか。

第163回「世界のCEOの意识変化と课题」11月10日公开
今回は、IBMビジネスコンサルティングサービスの桃谷英树氏をゲストに迎え、世界のCEOの意识変化について闻く。世界1130社のCEOへのインタビューを通して、その调査结果により见えてきたこれからの企业の在り方、将来の企业の形とは?

第162回「伸びるオンラインショッピング、シニアが后押し」11月4日公开
个人消费が低迷する中、オンラインショッピングが5兆円を超える市场规模になっている。ネット通贩がこれだけ拡大した背景とは?流通のあり方をどう変えていくのか。デパート、スーパーが生き延びていくために、小売业全体があり方を考える时期である。

Nikkei-Biztrend-0810.rar

第161回「濒死のアイスランド救出作戦」10月27日公开
21世纪型の先进ロールモデルと呼ばれたアイスランドが、金融危机の影响で国家破绽の危机に陥っている。今月6日には危机を回避するため、国の全银行を国有化。なぜこんなことになったのか。今、アイスランドで何が起こっているのだろう。

第160回「野球とベースボール」10月20日公开
先日国际野球连盟が発表した世界ランキングで、なんと1位になった日本野球。有力选手がメジャーリーグで活跃するようになり、国际化しているかのようにも见える日本野球界だが现在日本のドラフト制度を揺るがしている「田沢问题」では国际化に逆行する対応をしている。今后の日本野球界はどうなる?

第159回「世界金融不安の行方」10月14日公开
先日米国で金融安定化法案が可决されたが、金融不安の嵐は今のところやむ気配がない。それどころか欧州、日本、新兴国の债务市场への影响も一层深刻化し、过去に例のない世界规模の金融不安が现実のものとなりつつある。この状况を克服するために日本が今后考えなければいけないことは?

第158回「麻生政権発足、政治の行末」10月6日公开
麻生太郎新政権は日本経済を「明らかな不景気」との认识に立ち、景気回复に全力を挙げる布阵であることを强调。财务・金融の一本化など、直面する课题に取り组む姿势を见せている。前内阁から约2ヶ月で発足した麻生新政権の今后の行末は?

Nikkei-Biztrend-0809.rar

第157回「”松下”が消えた日」9月29日公开
松下电器産业が10月1日から社名とブランド名を「パナソニック」に统一。日本国内に比べて海外でのブランド浸透が遅れている同社は、创业90周年を机に创业者の名を外し「第二の创业」に踏み出す考えだ。グローバル戦略の中、どのように“松下”を脱皮しようとしているのか。そして他の日本の企业に対する影响は?

第156回「大混乱の金融市场、今后の展开」9月22日公开
米四大証券の一角、リーマン・ブラザーズが14日、経営破绽した。その影响で株価も急落。一方でベア・スターンズ、ファニー・メイ、AIGなどは米金融当局が救済の决断を下した。リーマン・ブラザーズが救済されなかったのはなぜか。今后、ウォール街型の金融システムはどうなっていくのだろう。日本への影响は?

第155回「日本の农业事情」9月16日公开
日本の食粮(カロリーベース)の自给率が40%を切った。これは世界の先进国の中で最も低い。その一方で减反などちぐはぐな日本の农业政策の矛盾が表面化し、农业危机は深刻な状态にある。日本の食粮安保はどうなっているのか。自给率向上へ今后の课题は?

第154回「福田総理大臣、辞任」9月8日公开
福田首相が1日、辞任を表明。安倍前首相の后を引き継ぎ昨年9月に就任して1年足らず。改造内阁発足后1ヶ月での辞任剧に各方面で衝撃が走っている。首相が二代続けて政権放弃という异常事态の背景は。また、今月末に行われる総裁选挙、更には年内にも想定される众院选挙の行方について入り乱れる各政党の思惑を斩る。

第153回「グルジア纷争とロシア」9月1日公开
北京五轮の开催に合わせたかのようなロシアのグルジア侵攻。各国メディアでは「新冷戦」の始まりと伝えているが、この时期になぜロシアは行动を起こしたのか、そしてそれはどのような影响をもたらすのだろう。日本も含めた西侧诸国ができることは?

Nikkei-Biztrend-0808.rar

第152回「オリンピック后の中国経済を読む」8月25日公开
中国が国の威信をかけて开催した北京オリンピックが闭幕した。その演出に賛否両论あったものの、大きなトラブルもなく、金メダルラッシュで中国としては大成功だったと言えよう。しかし、その一方で経済に目を向けると株価の不安定な动きやインフレ再燃の悬念が広がっており、五轮特需も期待外れだったと报じられている。オリンピック后の中国経済はどうなる?

第151回「コンプライアンス(法令顺守)不况」8月18日公开
一昨年の耐震伪装事件以来、消费者保护のための様々な法律が施行された。しかし、个别の事例について冷静な议论がなされないまま法律の网をかぶせた结果、法令を遵守すればするほど経済活动が抑制されてしまうという、コンプライアンス(法令顺守)不况の状态になっている。本来、法令と経済活动は消费者の生活を豊かにするという同じ目的に沿ったものだ。社会的弱者の救済と経済活动のレベル维持を両立させるには何が必要だろうか。

第150回「福田改造内阁の见方」8月11日公开
福田改造内阁が8月2日に正式発足。全国各纸の支持率调査结果のばらつきも话题になっているが、国民の评価、そして市场の评価は?新内阁の顔ぶれを见て、何を望むのか。

第149回「噂のiPhoneがやって来た!」8月4日公开
7月11日、「iPhone 3G」が全国で一斉発売。诸外国では、各国No1キャリアと组んできたアップルだが、日本はビジネススキームの问题からソフトバンクと组むことになった。iPhoneの日本上陆で一気に火のついた感のあるスマートフォン市场、これから定着するのだろうか。噂のiPhone、手に持った感想は?!

Nikkei-Biztrend-0807.rar

第148回「ベトナム経済、课题と见通し」7月28日公开
BRICsに次ぐ成长国の一つとして日本の投资家も注目するベトナム。その経済は若く勤勉な労働力が支えているが、一方でいくつかの弱点もある。ASEANのコアとなりうるベトナムとの関係は、同地域における日本のポジションを左右すると言える。亲日的な国ベトナムのことをもっと知っておこう。

第147回「市场の失败?强まる再规制の动き」7月22日公开
米証券取引委员会(SEC)が15日、証券空売り规制を一时的に强化する措置を発表。日本では国土交通省が、2009年をメドにタクシー参入を再规制へ。今までの市场依存の弊害、そこからの脱却の动きが出ている。市场を取り巻く环境は今后どうなるのか、再规制は妥当だろうか。

第146回「サミットで见えた现実」7月14日公开
主要国首脳会议(洞爷湖サミット)が9日に闭幕した。地球温暖化対策は当然のこととして、复合的な要因が指摘されている金融市场の安定化や一次産品の価格高腾、インフレ悬念を含む世界経済の诸问题…今回のサミットの背景には様々な视点が错综していたが、はたしてサミットから未来は见えてきたのだろうか。

第145回「不动産戦线、异常あり」7月7日公开
米国のサブプライムローン问题や新BIS规制等を背景に、外资の资金引き扬げや金融机関の不动産业・建设业向け融资が厳しくなってきた。都心ミニバブルの崩壊、マンションの贩売不振…。今、不动産マーケットで何が起こっているのか、その背景を解説。

Nikkei-Biztrend-0806.rar

第144回「胜机をつかむ金融机関になるために(后编)」6月30日公开
前回に続き日本IBM鹤田规久氏に闻く。金融机関を取り巻く4つの环境変化に対してどのように対応すべきか、それに対する具体的なソリューションは何か。雇用形态、マーケティング、システムなど様々な具体例を挙げながら、胜机をつかむ金融机関になるために求められる能力、必要な要件を探る。

第143回「胜机をつかむ金融机関になるために(前编)」6月23日公开
今回と次回はゲストに日本IBM金融サービス事业部理事の鹤田规久氏を迎え、现在金融机関が直面している4つの课题(高齢化社会、チャネルフリー、キャッシュレス、ボーダレス)について、それぞれの分析と具体的事例を闻く。

第142回「横浜宣言から见るアフリカと日本」6月16日公开
5月28-30日に横浜で开催されたアフリカ开発会议(TICAD)。40カ国を超えるアフリカの元首・首脳が参加し、参加者全体で3,000人を超えたこの会议は「横浜宣言」、「横浜行动计画」、「フォローアップ・メカニズム」の计3文书で基本合意に达した。アフリカ一色に染まった横浜から见えてくる日本の政策戦略とは。

第141回「アジアの空港-ハブ戦争」6月9日公开
5月20日に开港30周年を迎えた成田空港。今后平行滑走路の延伸や新高速鉄道の开业などが予定されているが、竞合する香港やシンガポールがアジアの拠点として认知されつつあり、アジアのハブ空港争いは过热している。経済支配権を握るとも言われるハブ空港。そのハブ空港の持つ経済的意味、日本の国际空港事情について。

第140回「タタ(Tata)、世界を変えるインドの巨人」6月2日公开
低価格车「ナノ」で世界の度肝を抜き、英「ジャガー」と「ランドローバー」をも手中に収めるインド最大の企业集団タタ。タタ・グループの活动分野は自动车以外にも広范囲に及び、売上高はGDPの3%强を占めるという。今や伸び行くインド経済の象徴とも言えるが、そのタタ・グループを通じてインド経済の今と、今后について。

Nikkei-Biztrend-0805.rar

第139回「日本のロボット力(ぢから)」5月26日公开
ホンダの二足歩行ロボット「ASIMO」(アシモ)が米国でオーケストラを前に「指挥者デビュー」を果たした。ロボットの开発は技术立国・日本が最も得意とする分野であり、世界で稼动する産业用ロボットの约7割が日本制と言われている。その日本が夸るロボット力からみた近未来の可能性について语る。

第138回「これからの日中関係~日中首脳会谈を受けて」5月19日公开
今回の成果は??中国の国家元首としては10年ぶりになる胡锦涛主席の来访だが、日中両国间に様々な问题を抱えながら共同声明・首脳会议のポイントが明确に见えてこないという声が多い。今回の胡锦涛主席来访の意味と今后の日中関係の展望について语る。

第137回「激変の予兆か?マイクロソフトが断念した日」5月12日公开
5月3日、米マイクロソフトが米ヤフーの买収を断念すると発表した。最终的な买収金额が折り合わなかったことが原因だが、また别の理由があるとも言われている。そもそもマイクロソフトがヤフー买収を试みたのはなぜか。买収とその断念にいたる真の理由、そして今后のネット、IT社会の行方を伊藤洋一が解説する。

第136回「Jパワー騒动にみる日本の株式市场の闭锁性」5月7日公开
「过剰防卫ではないか」「いや、国益に影响することだから当然」と様々な见方があるが、今回の騒动で海外メディアは「日本の株式市场は闭锁的である」と断じた。およそ6割が海外资金で相场形成されている日本の株式市场。「闭锁的」では、投资家は逃げる一方だろう。失ったものは大きい。

Nikkei-Biztrend-0804.rar

第135回「日米iPS细胞特许戦争の行方」4月28日公开
iPS细胞(人工多能性乾细胞:通称万能细胞)を巡る日本と欧米の特许争夺戦が炽烈を极めてきた。昨年京大チームが作り出すことに成功したiPS细胞だが、その特许に関しては欧州の企业や米国の大学の猛攻に日本侧は后手后手の防御戦の様相を呈している。今回はこの话题について知财・特许行政の侧面から解説。

第134回「グリーンIT もう一つの环境问题」4月21日公开
企业のサーバールームやデータセンターの「环境问题」が注目を集めている。环境に优しいとされてきたIT化だが、実はIT化が进めば进むほど电力を消费し、CO2排出量の増加につながっているのだ。环境保全のために各企业ははどのような取り组みをしているだろうか。また、我々にできることは何か。

第133回「改正パートタイム労働法」4月14日公开
【改正パートタイム労働法始动】パート労働者が能力を一层有効に発挥することができる雇用环境を整备するため、平成20年4月1日から改正パートタイム労働法が施行された。现在は5人に1人の割合がパートタイム労働者である。今回の法改正で、ビジネス环境はどう変わるのか、また格差问题解决の一つになりうるのだろうか。

第132回「SaaSって何だ?」4月7日公开
SaaSとは、ユーザーが利用したい机能を、必要な时に、ネットワーク経由でオンラインで利用する形态。近い将来、携帯电话、个人のPCにも入り込んでくる余地はあると伊藤は言う。今回はそんなSaaSについて、详しく解説。

Nikkei-Biztrend-0803.rar

第131回「宇宙ビジネスと日本の役割」3月31日公开
土井隆雄さんら7名の宇宙飞行士をのせたエンデバーが27日地球に帰还した。国际宇宙ステーションで日本の実験栋「きぼう」の船内保管室の组み立てに成功。そんな日本の宇宙ビジネスの现状と、今后について语る。

第130回「ロシアとアメリカ、二大国の大统领交代」3月24日公开
ロシアはメドベージェフが70%の圧倒的な得票率で大统领の座を射止めた。一方、米国大统领选はオバマ、クリントン両氏の民主党代表指名権争いが炽烈を极め、 その行方は俄然混沌としてきた。この両大国の大统领选の结果が日本に与える影响とは?

第129回「混迷する日银総裁选び」3月17日公开
日银新総人事がまだ难航している。(3/13収録时)众院は13日の本会议で総裁に武藤氏、副総裁に白川方明京大教授と伊藤隆敏东大教授を充てる人事案を可决し、白川氏だけが両院の同意を得た。この混乱が招く事态は?武藤氏反対论、海外の见方等について语る。

第128回「5年目の个人情报保护法」3月10日公开
个人情报保护法案の提出以来、3月で5年が経过する。强化罚则の范囲も拡大されようとしているが、では本当にこの法律が、我々の生活のために安全に机能しているのだろうか。デジタル化社会で个人情报をどう扱ったらいいか、伊藤の秘伝を闻く。

第127回「败者不在の次世代DVD戦争」3月3日公开
东芝がHD DVD事业からの撤退を早期に决断したことをマーケットは高く评価した。新制品の発展のためには规格争いは大いに必要と伊藤は考える。ではメーカー、消费者はどう対処すればいいのか。

Nikkei-Biztrend-0802.rar

第126回「G7の裏侧に见えたもの」2月25日公开
G7が8年ぶりに日本で开催された。しかし、今回のG7は今一つメッセージ性に欠けたと受けとめられている。G7の影响力が落ちているのはなぜか?サブプライム问题以降、迷走する世界経済に适切な対策を打ち出すにはどうしたらいいのか考える。

第125回「どこまで行くのか、携帯」2月18日公开
携帯の高性能化が进み1台でマルチな机能を楽しめるようになった。最近、伊藤も最新机种に买い换えウキウキしている。さて、アタラシモノ好きの伊藤はこれからの携帯に何を期待しているのだろうか?

第124回「値上げラッシュがやってきた」2月12日公开
生活必需品から産业资材に至るまで、最近10数年间で経験したことのない値上げラッシュが続いている。背景にはいろいろな要因が働いているが、原油や小麦価格の高腾だけでは説明できない根本的な理由があると伊藤洋一は考える。今回は世界経済の环境変化から昨今の物価上昇を考える。

第123回「环境とマーケット」2月4日公开
京都议定书に基づく温暖化ガスの排出権取引ビジネスが本格化してきた。欧州はいち早く企业に削减义务を课し、排出権が金融商品として活発に売买されている。环境技术では先进国だが、环境政策では大きく遅れをとっている日本。これに対して伊藤が危惧することとは・・。

Nikkei-Biztrend-0801.rar

第122回「世界株安、再び」1月28日公开
2008年の年明け以降、世界の株式市场が大荒れだ。先日、米连邦準备理事会(FRB)が0.75%の紧急利下げに踏み切ったが、今后の展望で最も重视すべきポイントは何だろう。昨年の株価下落と异なるある特徴が见られたと伊藤は言う。

第121回「日本人とお金」1月21日公开
日本の家计贮蓄率が、10年前の3分の1以下の水準まで低下したというデータが内阁府より発表された。なぜ贮蓄率は低下したのだろう?また、その事実をどう解釈すればいいのか。我々日本人は、お金のことを学び直す必要があるのかもしれない。

第120回「资源获得戦争」1月15日公开
最近、金属や穀物など资源価格の高腾が着しい。输出规制を行う资源国も増え、日本を取り巻く环境は厳しくなっている。中でも最新テクノロジーに欠かすことのできないレアメタルの动向が気になる。産出が一部の国に偏っているのだ。今回は、资源のない日本が取るべき资源戦略を考える。

第119回「2008年をこう见る」1月7日公开
北京オリンピック、アメリカ大统领选挙、洞爷湖サミットなどイベントが盛り沢山の2008年。世界経済、株式、为替はどう动くのだろうか?伊藤洋一が08年を大胆に予测!


2007年

Nikkei-Biztrend-0712.rar

第118回「伊藤流2007年を振り返る」12月31日公开
今年の各种年间ランキングから気になる事件をピックアップ。ヒットした商品やサービス、流行语から経済や世相を振り返る。全体を通してのポイントは「変化の激しさ」だという。さて、そこから学べる教训はなんだろう?

第117回「CFOを取り巻く环境」12月25日公开
今回はIBMビジネスコンサルティングサービスの渡边氏をゲストにお迎えして、同社が行ったサーベイ”CFO Study 2008”をもとに、财务情报の统合化と企业业绩の関连性を考える。このレポートでは企业のリスク管理におけるCFOの果たす役割はますます大きくなっていることがわかった。さて、企业は竞争力强化とリスク対策のために、どう取り组んでいけばいいのだろうか。

第116回「年の暮れに日本人を考える」12月17日公开
振り返ると、今年は日本の基盘が揺らいでいると感じさせる事件が、政・官・民のあらゆる分野で相次いだ。伊藤は、今、日本全体に拡がっている内向き志向、保守化倾向が问题であるという。今回は国民の意识から日本がブレークスルーする方向性を考えてみる。

第115回「日本の农业、“守りから攻めの时代へ”」12月10日公开
农林水産省が発表した2006年の日本の食料自给率は39%。これは先进国の中で一番低い数字である。日本の农业は农业就业人口の减少に加え、急激な高齢化など様々な问题を抱えている。 それらを乗り越えるためにはどうすればいいのだろうか。そこで伊藤は守りの农业から攻めの农业への転换を主张する。

第114回「サブプライムローン问题という病」12月3日公开
サブプライムローン问题は今年、金融业界にとって最大のテーマとなった。いうまでもなくサブプライムローンとは、信用力の低い人に対するローンだが、行き过ぎた証券化ビジネスの弊害が表面化している。今や日本の金融机関にも影响が及び、その波及効果はどこまで拡がるか予断を许さない。今后の日本への影响、そして问题の行方はどうなるのか?

Nikkei-Biztrend-0711.rar

第113回「ジェネリック医薬品」11月26日公开
ジェネリック医薬品とは新薬の特许が切れた后、同じ成分で开発され贩売される薬のことである。新たな开発费を必要としないため価格が安くなる。一方、我々が病院で処方される医疗用医薬品の多くが新薬である。アメリカでは63%もジェネリック医薬品が使われているのに対し、日本ではまだ17%だ。 しかし、医疗费抑制をめざす厚生労働省の旗振りの下、ジェネリック医薬品は普及が期待されている。今回はジェネリック医薬品めぐる议论を検証する。

第112回「イスラム金融」11月19日公开
最近、新闻や雑誌でよく取り上げられるようになってきたイスラム金融。原油価格の高腾もあり注目を浴びている。イスラム金融とはイスラム教の教义に合った金融であり、イスラム法(シャリア)に合った金融である。そのため利子をとらない。では金融机関はどうやって利益を得ているのか?そのしくみと急成长の背景について语る。

第111回「原油高腾」11月12日公开
原油価格の高腾の背景には、中国、インドの成长による需要过剰があると言われている。それにともない供给サイドの不安も募る。しかし、1973年、79年のオイルショックのように、原油価格の上昇によって、世界の経済が大きなショックに见舞われたかというとそうではない、と伊藤は言う。今回の原油高腾の特徴は何か?そして、今后日本はどのように対応していったらよいのだろうか。

第110回「2007年东京モーターショー会场より(后编)」11月5日公开
第40回东京モーターショー会场からの中継録音の第2回。伊藤洋一が各社のコンセプトカーを独自の视点で斩る。コンセプト・カーには、今の自动车メーカーが目指すクルマ作りの方向性が端的に表れる。今回の展示では、軽量化、燃费向上、情报化など従来の自动车という概念を発展させたところで进化させようとしていることがよくわかると伊藤はいう。

Nikkei-Biztrend-0710.rar

第109回「2007年东京モーターショー会场より(前编)」10月29日公开
10月27日から11月11日まで幕张メッセで开催された第40回东京モーターショー会场からの中継録音。世界の自动车市场は力强く拡大を続けている。それにもかかわらず、日本の自动车メーカーは共通の悩みを抱えている。彼らはどう対処しようとしているのか?“エナジーセイビング”、“軽量化”、“仕様のカスタマイズ”などこれからのクルマの未来を探る。

第108回「ブラックマンデーから20年-あの日から今を振り返る」10月22日公开
米国で起きたブラックマンデーから20年。それは1929年の暗黒の木曜日を上回る过去最大の株価暴落だった。人はもう二度とこれほどの暴落はないだろうと考えがちだが、その后も97年のアジア通货危机、今年のサブプライム问题を体験した。金融危机はなぜ起こるのか?伊藤が长年の経験に基づきマーケットの特性を解説する。

第107回「贸易自由化に出遅れる日本」10月15日公开
日本の経済界がEUとのEPA(エコノミー・パートナーシップ・アグリーメント)交渉に动き出した。産业界がその缔结を急ぐ背景には、韩国がアメリカと、中国がASEANとEAP协定を缔结したという事実がある。実际、このままでは输出大国・日本が贸易上、不利になることが悬念される。なぜ、日本のEPA交渉が遅れているのか。これから政府はどのように対処していけばいいのか。

第106回「エンジェル税制」10月9日公开
06年のエンジェル税制を使った投资は、前年から大きく减ってわずか14亿円だった。ベンチャー企业が育たない理由の一つはエンジェル税制が使われていないということである。日本でこの税制が定着しないのはなぜだろうか。ベンチャー投资の先进国であるイギリスとは何が违うのだろう。今回は日本のベンチャー育成に必要な具体策を考える。

第105回「日中国交正常化35周年-日本と中国の今」10月1日公开
日中関係において、贸易はますます活性化し、政治もひところより安定してきた。しかし中国は都市と农村の格差の问题に加え、法制度の整备が课题を抱えていると伊藤は言う。また一人っ子政策の影响も出始めている。民主化のさらなる进展も予想され、この10年で中国は大きく変化することが考えられる。それでは次の10年、日本は中国とどのようにつき合うべきなのだろうか。

Nikkei-Biztrend-0709.rar

第104回「太阳电池市场が动き始めた」9月25日公开
太阳电池は、次世代エネルギーの有望株として注目を集めている。业界を牵引してきたシャープ、京セラ、三洋电机に加え、ホンダなど异业种からの新规参入が进んでいる。さらに、中国のサンテックなど外国企业の猛追もあり、竞争が激化している。一时期はシェアで50%を越えていた日本势は、今后もその地位をキープすることができるのだろうか。これからの日本の太阳电池産业の発展について考える。

第103回「百货店戦争」9月18日公开
伊藤は最近、百货店の変化を楽しんでいるという。9月に大丸と松坂屋によるJ.フロント リテイリングが诞生するなど百货店势力図の変化も加速している。改装、改筑ラッシュが続き、まさに戦争状态だ。新しいサービスもどんどん増えている。今回は百货店の现状と流通业界全体のトレンド、それらのマーケティング上の课题について语る。

第102回「モンゴルの経済」9月10日公开
9月上旬、伊藤は初めてモンゴルを访问した。雄大な草原、吹き抜ける风、天空の星など素晴らしい自然はモンゴルの魅力のひとつであると伊藤は言う。モンゴルが社会主义経済から市场経済に移行して15年。しかし、海外资本への依存が色浓いこと、インフラの未整备など课题を数多く抱えている。さて、モンゴル経済発展の可能性はいかに?

第101回「内阁改造と日本の明日」9月3日公开
参议院选挙から约1ヶ月が経ち、第二次安倍内阁の人事が発表された。伊藤洋一が考える自民党败北の理由は「国民に広がる疎外感」であるという。今度こそ安倍内阁は、厳しい审判を下した国民の声に応えることができるのであろうか。

Nikkei-Biztrend-0708.rar

第100回「激动するマーケット」8月27日公开
过去2週间の为替と株の大きな変动は今までにも记忆がない、と伊藤洋一は言う。ようやく落ち着きの兆しが见えてきた。21世纪型だという今回の特异な金融危机について。このマーケットの乱调から学べることは?

第99回「10円玉が消える日」8月20日公开
最近、Edy(エディ)やSuica(スイカ)等、电子マネーを使う人が増えている。小銭を持ちたくないため、日顷からたくさんの电子マネーカードを持ち使っていると伊藤洋一はいう。今はお赛銭すら电子マネーが使えるらしい。今后ますますその役割は高まっていくと思われる。10年后にはいったいどうなっているのだろうか。

第98回「サマータイムに賛成ですか?」8月13日公开
今や主要な欧米诸国のほとんどが採用しているサマータイム。日本でも一部の企业で导入されたものの、なかなか全国的な広がりにつながらない。日本で定着しないのはなぜだろう?果たしてサマータイムが日本に根付く可能性はあるのだろうか。

第97回「格差社会、どう捉えるべきか」8月6日公开
参院选挙は民主圧胜の下に终わった。今回の选挙では「格差社会」というキーワードが、年金问题とともに重要な争点となっていた。伊藤によれば格差问题は世界のグローバル化と切っても切れない関係があるという。今回は日本のみならず世界中に広がる格差の原因と対策を考える。

Nikkei-Biztrend-0707.rar

第96回「根付くか?プライベートバンキング」7月30日公开
『プライベートバンキング』って何だろう?最近よく闻く『ラップ口座』とは?一言でいえば富裕层向けの资産运用代行サービスだが、これまで一般の人には驯染みが薄かった。しかし、最近は日本でもこのサービスを利用する人が増えてきているようだ。伊藤洋一はこの2~3年でさらに増えると予测する。その理由は・・・?また、注意すべきポイントは何か?

第95回「暑い国ドバイが今热い」7月23日公开
ドバイが注目を集めている。日経も支局を6月に开设した。めざましい経済発展を遂げているドバイ、次々と日本企业が进出する背景にはこの国が提供する魅力的な経済的メリットがあると伊藤洋一は言う。ドバイがこれほどにも発展している理由を寻ねる。

第94回「はばたけ日の丸航空队」7月17日公开
最近、ボーイング787に関するニュースが多い。実は、787の机体には多くの日本の軽量技术が使われているのだ。では、优秀な自动车を世界に送り出す日本が、なぜ飞行机を作っていないのだろうか。 今后の航空机産业の先行きと国産航空机登场への期待を语る。

第93回「どこへ行った“Japan as No.1”」7月9日公开
2007年スイスのIMD(国际経営开発研究所)の国际竞争力ランキングによると、日本は中国の15位より下位の24位。Japan as No.1と呼ばれた80年代后半は远い过去の话になってしまった。一方、この竞争力ランキングで、伊藤洋一が注目するのは北欧诸国が上位を占めること。 日本はこれから何を目指していくべきなのか?

第92回「株主総会が変わった」7月2日公开
今年の株主総会は1459社で、去年よりも63社少ない。日本の株主総会は以前に比べ随分変わってきた、と伊藤は言う。时间も长くなり、内容のある议论を行っているようだ。今年の株主総会の変化にスポットをあてる。

Nikkei-Biztrend-0706.rar

第91回「ホントにインフレ?长期金利の今后」6月25日公开
世界はインフレの时代に入っていくのだろうか。「マーケットは迷っている」と伊藤洋一は言う。デフレ圧力がある一方で、インフレ圧力も强まっている。现在上昇倾向にある长期金利の今后を占う。

第90回「ビジネスとして考える环境问题~ディフェンスからオフェンスへ」6月18日公开
IBMビジネスコンサルティングサービス(株)の驹形氏をゲストにお迎えして、企业の环境问题への取り组みと各国のビジネス事情を掘下げて考えてみる。环境への取り组みは、ビジネス以外にも企业の组织変革や技术开発などさまざまなイノベーションを企业にもたらす可能性を持っている。今后、日本、および日本企业は、グローバルエコノミーの中で、この问题にどう取り组んでいけばいいのだろうか。

第89回「ハイリゲンダム・サミットと环境问题」6月11日公开
ドイツ北部のハイリゲンダムで、主要国首脳会议が开かれた。今までサミットで环境问题を取り上げられたことはなかったが、今年は环境がメインテーマである。なぜ今回、环境なのか?各国が様々な提案をする中、安倍首相も提案を出したが、その内容と今后の课题点について语る。

第88回「What's next BRICs?次のBRICsはどこだ」6月4日公开
ポストBRICsと呼ばれている「VISTA」や「ネクスト11」。BRICsと比べるとまだ大きな差があるが、今后高成长が见込めそうなこれらの国々の実力はどうか。そして、伊藤洋一がこの中でも特に注目している国、ベトナムは?

Nikkei-Biztrend-0705.rar

第87回「10分で理解する三角合并」5月28日公开
2007年5月1日に三角合并制度が解禁された。これから本格的な合并时代を迎える。今后日本企业を取り巻く环境はどのように変わるのだろうか。そして、企业はどう向かっていったらよいのか。

第86回「ブランド戦线异常あり、新ブランド时代に突入!」5月21日公开
ブランドというものほど価値が抽象的なものはない、と伊藤はいう。ブランドとは何か?企业のブランド価値とは?伊藤が考えるブランドのパワーをソニーの例などをあげて様々な视点から语る。

第85回「フランスの大统领选挙と日本の选択」5月14日公开
今月6日、フランス大统领选挙の决选投票が実施された。両候补の主张が相反していたことで大いに注目が集まり、84%弱という高投票率の中、サルコジ氏がロワイヤル氏を抑え当选。今后日本は新生サルゴジ氏が率いるフランスとどのように付き合っていけばいいのだろうか。

第84回「仮想社会“SecondLife” 后编」5月7日公开
セカンドライフは経済的にも注目されている。有名企业がセカンドライフ内で、マーケティングやプロモーション活动を行っている。例えば、日産は车の自动贩売机を设置。アバターが乗って体験することができるという、一种のイメージ戦略だ。このように経済活动までが入り込んでくると「现実と同じじゃないか」という声も闻こえるが…。そのセカンドライフの社会と今后うまく付き合っていく为には?

第83回「仮想社会“SecondLife” 前编」5月1日公开
米リンデンラボ社が运営する3D仮想世界。昨年の暮れからブームになり、日本企业が相次いで参入、日本人ユーザーも増えているという。まもなく日本语版も公开される予定だ。この仮想世界ではいったいどんなことができるのか。“SecondLife”の现在の动向について。

Nikkei-Biztrend-0704.rar

第82回「バーナンキ、その1年の评価」4月23日公开
バーナンキFRB议长が就任して2月1日で1年が経过した。前任のグリーンスパン氏は、伊藤洋一も2册の本を出した程评価が高かっただけに、1年が过ぎて、バーナンキ氏の手腕はどう评価されているのか。

第81回「中国再考」4月16日公开
近くて远い国、中国。温家宝首相が4月11日に访日。中国首脳の来日は6年半ぶり。今回の访日により、日中関係は変わっていくのか。今后の関係改善のための秘诀を探っていく。

第80回「変化する街、国际都市”东京”」4月9日公开
3月30日にグランドオープンした东京ミッドタウン。同地区の六本木ヒルズに比べると余裕ある建物のレイアウトや植栽の工夫によって街全体がゆったりした感じがする。また、都心に衣食住がバランスよく一体となっている点はNYの街に近いのではないだろうか。相次ぐ大规模再开発で进む人々の「都心回帰」。东京の街がもっと魅力的な街になるために必要なことは何だろう。

第79回「同族経営、ファミリービジネス」4月2日公开
最近、不祥事がもとでブランド力を落とすケースが目立つ同族(家业型)企业だが、ある调べでは日本で长い歴史を夸る企业には圧倒的に同族企业が多いという。长く続くにはいくつかの理由が考えられる。さてその理由とはどのようなものだろう。

Nikkei-Biztrend-0703.rar

第78回「ICタグが走り始めた」3月26日公开
最近では东京マラソンでランナーのシューズに装着するなど、利用方法はまだまだ広がることが予想される「ICタグ」。総务省の発表では2010年には31兆円まで市场规模が拡大すると见込まれている。今どういう风に広く利用されているか。そして今后のICタグの展望について

第77回「白马で何かが起こっている」3月19日公开
スキー人気の阴りとともに白马(长野県)を访れる観光客は减少倾向にあった。しかし、ここにきて大きな异変が起きているという。なんとそれはオーストラリアからの旅行者の増加。この现象は「観光立国」を目指すわが国の今后にとって非常に大きな意味を持つと思われる。他の地域が白马に学ぶべき事とは何だろう。

第76回「マーケットはこれからどう动く」3月12日公开
先々週の株価暴落について振り返る。株価は6ヶ月先の景気を表すと言われる。通货の动きとあわせて株式市场の今后について解説する。

第75回「代替エネルギーの行方・后编」3月5日公开
我々が今使っているエネルギーの、ほとんどは使い続ければいつかはなくなる。今回は、前回のエタノール以外のそれに代わる様々な新エネルギーについて。伊藤洋一が考える、これができたらいいなと思う新エネルギーは・・・?

Nikkei-Biztrend-0702.rar

第74回「日银利上げをうけて。今后の景気・相场をこう読む」2月26日公开
ようやく决まった日银の0.25%利上げ。しかしまだ极めて低い水準にとどまっていると感じざるを得ない。金利が上がっていくことが日本の経済の正常化そのものである。とすれば、年内の利上げ动向はどう読むべきだろう。

第73回「代替エネルギーの行方」2月19日公开
石油に替わるエネルギーとして世界中で注目のエタノール。ブラジルやアメリカでは、さとうきびやトウモロコシからエタノールをつくり成功した。しかし新しいエネルギーは、作り出せるという魅力はあるが、今様々な副作用が起こっている。そんな代替エネルギーとしてのエタノールの状况と今后の课题について。

第72回「日本の食を考える」2月13日公开
自分はあと何回食事ができるのだろう・・・?案外その回数は少ない。そう考えると、1回1回の食事はとても贵重なのでは。海外の食育事情、そして日本の食を巡る不祥事などについて。「食」の基本とは何か?

第71回「日本の制造业が危ない!」2月5日公开
「きちんとしたものづくりの国」として评価されてきた日本。ところが最近「あれ?」と思わされることが多い。频発する制品事故と回収は何に起因するものなのか。このままでは、まずい・・。

Nikkei-Biztrend-0701.rar

第70回「変貌するコンビニ业界」1月29日公开
常に进化を続けるコンビニの伊藤洋一的便利な使い方を绍介!チェーンごとのサービスの差别化と进化はどこまで进むのだろう。さらに今后コンビニに期待することとは・・。

第69回「変わる日本のマネースタイル-贮蓄から投资へ」1月22日公开
従来、日本は株式市场に参加する一般个人の数が非常に少なかった。个人にとっては特殊な世界だったのだ。それが、最近は个人投资家が増えている。「贮蓄から投资へ」。その背景と、これからの日本のマネースタイルを语る。

第68回「お笑いビジネスが热い!」1月15日公开
今、日本人にとって、そして世界で必要なのは“笑い”ではないだろうか。需要好调の産业、「お笑い」。これからもっと大きな産业になるだろう。そんな笑いには企业に必要なものが揃っている。企业と笑いのつながりとは?

第67回「今インドから目を离すな!」1月9日公开
インドがここ10年くらいで急激に発展し続けている理由は何か。成长の条件とは?そして成长を続けていく为に、乗り越えていかなければいけない问题点を语る。

第66回「2007年を见通す」1月1日公开
ビッグイベントが见当たらない2007年。国内政治では夏の参院选での安倍政権の行方に注目。さてマーケットは・・・。今年1年何がどう动くのか、伊藤洋一がさまざまな视点から分析、予测する。



2006年

Nikkei-Biztrend-0612.rar

第65回「伊藤流今年のトピックスベスト5」12月25日公开
伊藤洋一が今年兴味深いと思っている5つのトピックスを绍介。年末年始に皆さんにも考えてほしいと思うこと。これからの世界はどうなるんだろう、これからいったい何が起こることを示唆しているんだろう、と考えている问题を语る。

第64回「地デジ放送开始でどうなる?」12月18日公开
2011年のアナログ波停止にむけてエリアが拡大している地デジ。テレビのデジタル化がどんどん加速していく。今年のボーナス商戦は、薄型テレビだ!実际に使用してみて、地デジの良いところと、困ったこと・・・。

第63回「大学はどこへいく」12月11日公开
庆应义塾大学と共立薬科大学が合并する。これで庆应义塾大学に薬学部が诞生することになる。最近、日本中の大学が新しい展开をし始めた。特に私立大学。その背景には何があるのか?伊藤洋一はその背景は2つあると考えている・・。

第62回「日本のプロ野球一体どうなるの?」12月4日公开
ヤンキースは井川に30亿円。レッドソックスは松坂に60亿円!ポスティングシステムで、アメリカの球団が支払っている金额だ。アメリカの野球市场は日本の野球市场より何十倍もの大きさである。日本は结局はアメリカの下请けになっちゃうのではないか。今后の日本のプロ野球を面白くするには・・・。

Nikkei-Biztrend-0611.rar

第61回「最近のアメリカの経済と中间选挙后の动向」11月27日公开
问题を抱えているけど魅力的な国アメリカ。経済は一进一退を続け、政治は今后非常に大きく动く可能性があると伊藤洋一は考える。过去4回にわたって、アメリカ経済を特集してきたまとめと今后のアメリカ経済、政治の动向について。

第60回「NYグラウンド・ゼロより。」11月20日公开
ニューヨーク・レポート最终回は、ワールドトレードセンターの迹地から。2010年のフリーダムタワー完成に向けて、今では建设への足音が高まってきている。9.11の10日后にこの场所を访れた伊藤洋一。当时の街の様子を振り返って。そして现在、アメリカ人はまだ心の伤を引きずっている。今后どうその伤と戦うのか。フリーダムタワー、见たいような、见るのが怖いような・・・。

第59回「ニューヨークから见る今のアメリカの変化」11月13日公开
ニューヨーク・レポート第3弾!今回はマンハッタンで马车に乗りながら。最近のニューヨークは何が変化したのか。治安、街の景観、人・・。伊藤洋一が昔と比べて感じるニューヨークの変貌ぶりとこの街の魅力を语る。

第58回「今、アメリカでは何が起こっているのか」11月6日公开
ニューヨーク・レポート第2弾!今回はニューヨーク大学から。総合芸术学部教授のショーン・バン・エブリ氏を访ねアメリカの最新のメディア状况等を伺う。メディアの多様化、ユーザー・ジェネレイテッド・コンテンツ(メディア)の発达について検証。そしてマルチメディアの制作デバイスであるという、携帯电话について。

Nikkei-Biztrend-0610.rar

第57回「米自动车业界の现状」10月30日公开
今回はニューヨークで、大和総研アメリカのアナリスト・坂牧史郎氏を迎え、アメリカの自动车业界についてお话を伺う。长期の低落倾向が続くアメリカ自动车业界。何がアメリカ自动车业界をだめにしたのか。20年后にはアメリカにはアメリカオリジナルの自动车メーカーはなくなる??

第56回「いまどうなってるの?アメリカ経済」10月23日公开
今いちばんどうなってるのか分からないのがアメリカ経済。现在のアメリカの景気の状况は“ぬるま汤”的な感じであるという。ぬるま汤とは…?大和総研アメリカ社长の冈野进氏を迎え、アメリカ経済の现状と今后の见通しについて伺う。

第55回「命名権、ネーミングライツ」10月16日公开
命名権、ネーミングライツというのをよく耳にするが、これはいったいなんなのか。消费者を相手にする企业にとって命名権を买うことが下手にCMを打つよりはるかに宣伝材料になるという。福冈Yahoo!JAPANドーム、インボイスSEIBUドームなど具体的例をあげて説明する。まだまだ伸びる権利であり、商売である。今后はけっこう大きなビジネスになっていくだろう。

第54回「どう动く东南アジア経済」10月10日公开
9月19日に発生したタイの军事クーデターはさしたる混乱はなく终わった。今后はスムーズな民政移管の过程が注目される。経済面においても大きな混乱はなく市场も受け入れた格好。タイと东南アジア诸国の経済は今后どのように推移していくのだろう。これをきっかけに见直してみよう。

第53回「安倍内阁発足、期待と课题」10月2日公开
発足直后の支持率调査(日本経済新闻调べ)では71%という高いポイントで船出した安倍内阁。新総理の掲げる政策方针が大枠では日本のビジネスマンに指示される内容だということだろう。では各论はどうか。番组では具体的な政策の进め方に注目する。

Nikkei-Biztrend-0609.rar

第52回「跃进するポッドキャスティング」 9月25日公开
今回が52回目となる当番组の1年を振り返り、ポッドキャスティングという新しいメディアのこれからを考える。どこにでも持ち出せて、いつでも好きな时に聴けるユビキタスなメディアとして、サービスはまだまだ进化するだろう。当番组はこれからも「先を読む努力」でおもしろい番组を続けていく。

第51回「消费税を考える」 9月19日公开
自民党総裁选に络んで消费税の引き上げが话题に。一番身近な税だけにさまざまな意见があることだろう。80年代の日本、90年代のアメリカのように経済状况が良ければ税収が増えることは间违いなく、现在の比较的好调な景気を持続させることで税収を増やすという考え方もできる。いずれにせよ、増税は慎重に。

第50回「日本の台所事情」 9月11日公开
自民党総裁选が始まり、各候补の打ち出す政策が気になるところ。消费税引き上げを明言する候补は一人で、圧倒的优位とされる候补からはそのことについて言及はない。国の歳入出バランスは大きく崩れている。ここで消费税率の引き上げによる改善を言わないのは无责任なのでは。「日本の台所事情」の见方と改善処方について解説していく。

第49回「秋の夜空に考える~ここまで进んでいる人口卫星ビジネス」 9月4日公开
「宇宙米」「宇宙酒」をご存知だろうか?人工卫星ビジネスのなかから生まれた食品だが、今、人工卫星ビジネスは国家プロジェクトからベンチャービジネスまでどんどん広がりをみせている。なかには人工卫星の个人利用といった惊きのサービスまである。あなたなら人工卫星で宇宙に何を託すだろう。

Nikkei-Biztrend-0608.rar

第48回「Web2.0ってなんだ?」 8月28日公开
ブログやSNSなど次世代型のインターネットサービスの総称として使われる「Web2.0」。「知の多方向性」の実现とそれがもたらす社会の変化、そして「3.0」「4.0」と続く未来にあるものとは。

第47回「TOBについて考える」 8月21日公开
フジテレビがニッポン放送に対して行って以降急激に増えた感のあるTOB。最近でも王子制纸が北越制纸に、AOKIがフタタにと业界を问わず大型の経営统合の话题が次々浮上してくる。その大きな理由は少子化による国内需要の缩小と国际竞争力の强化。10年先を见据えた企业行动の変化がそこにはある。

第46回「夏休みにこれだけは読みたい本」 8月14日公开
まとまった时间が取れる夏休み。せっかくだから集中的に読书するのも良いだろう。伊藤洋一のオススメの1册とは?少し速読のコツもお教えします。

第45回「贫困层比率先进国2位の先に何が见えますか?」 8月7日公开
先顷OECDの発表によると日本は米国に次いで贫困层比率が先进国中第2位となった。社会の所得分配の不平等さを测る指标「ジニ係数」による结果だが、その原因が日本社会の高齢化と雇用环境によるものとしている。「格差社会」が负の流行语になる昨今、この课题解决のために我々がなすべきこととはなんだろう。

Nikkei-Biztrend-0607.rar

第44回「ゼロ金利解除のゆくえ」 7月31日公开
ゼロ金利解除で25兆円もあるといわれている「タンス预金」が动き出す。ゼロ金利下では家计が得られるはずの利子所得は企业に転化されていたといえる。银行には早めに利上げをして消费者にお金を戻すことを望みたい。利子収入の増加で消费も上向き、その循环が景気を维持することにもなるのだから。ところで今后の利上げはどうなるのだろう。年内まだ利上げはあるのだろうか。答えは番组の中で。

第43回「イノベーションの时代~世界のCEOは何を考えているのか~」 7月24日公开
今回はゲストを招いてお届けする特别编。IBMが世界の主要企业のCEOを中心に行った戦略的课题、ビジョン、関心事に関する调査结果「The Global CEO Study 2006」の中から、日本のCEOの回答结果の兴味深い特徴を绍介する。そこには彼らの「イノベーション」に対する意识の変化と、それを企业経営の舵取りにどう活かそうと考えているのかが表れている。

第42回「今さら耻ずかしくて闻けない「LOHAS」ってなんだ?」 7月18日公开
「Lifestyles of Health and Sustainability」の头文字から「LOHAS」。「持続可能な」というところを捉えれば日本には「もったいない」という言叶があるようにさして新しい概念とも思えないが、これが大量消费の国アメリカから発生したことは兴味深い。环境に配虑した消费生活は「时代の美意识」であり、これに呼応した制品やサービスを提供できるかどうかが企业価値にも影响し始めている。

第41回「G8 サンクトペテルブルク・サミットはこう読め」 7月10日公开
ロシアが初めて议长国を务める今回のサミット。主要国首脳会议と称すも、成长目覚しい中国の参加がないなど话题性、重要性は薄れてきている感は否めない。注目ポイントは「エネルギー问题」と开催直前に発生した「北朝鲜情势问题」。影响力のある参加国の一致した取り组みとメッセージを作り上げられるだろうか。

第40回「サッカーだけじゃない、ブラジルのパワー」 7月3日公开
経済成长着しいBRICsの1国ブラジル。日本とは特段の政治的悬案事项がなく、远く离れているとはいえ过去には移民も多かったことを考えると、BRICs4国の中では良好な関係が比较的筑きやすい国なのではないだろうか。インフレ率が激しいとのイメージはもうずいぶん昔の话。GNPで世界第9位につけるこの国のこれからに注目していこう。

Nikkei-Biztrend-0606.rar

第39回「株価はどこへ行く」 6月26日公开
最近、株価の変动が激しい。マーケットを长く见てきた立场として伊藤洋一はこの动きをどう见ているのか。投资における「强気」についてのことわざを交えながら解説する。

第38回「构造改革特区ってなんだ?」 6月19日公开
スタートから3年が経过する「构造改革特区」だが実に2876件の提案があったなかで成功例はそう多くはなかったようだ。この间、景気は确かに回复した。しかしそれが特区効果とは言いがたい。さて、何が间违っていたのだろうか。

第37回「その后の原油高」 6月12日公开
原油価格の上昇は好调を维持してきた主要国経済に影响する。7月开催のサミットでも重要议题になるだろう。利上げのタイミングをうかがう日银も难しい対応を迫られることは间违いない。市场が中央银行を试しているように见える。この动きから目が离せない。

第36回「御手洗流 技术立国ニッポンを考える」 6月5日公开
IT産业から初めての経団连会长になったキヤノンの御手洗冨士夫氏。就任时の挨拶には彼の意思が端的に现れているといえる。ポイントは「イノベートジャパン・ジャパン」。その一つひとつを読み解いていくと・・・。

Nikkei-Biztrend-0605.rar

第35回「今だから考えるコンプライアンス」 5月29日公开
エンロン、ワールドコムの不正会计事件をきっかけに米国で2002年に导入されたSOX法(企业改革法)。同法导入后、企业を巡る集団诉讼は减少倾向にあるという。2008年には日本版SOX法も导入される。「社会的公共财」である企业のコンプライアンス(法令顺守)について考えてみよう。

第34回「少子化社会の先に见えるもの」 5月22日公开
日本の人口减少は今回がはじめてのことではない。江戸时代にも同じような状况を経験している。特笔すべきはその时代に生まれたさまざまなモノや文化が今の时代にも质の高いものとして受け継がれているということ。そこには人々の知恵と工夫が生かされている。人口减少をただ悲観的に捉えるだけでは何も始まらないのではないだろうか。

第33回「情报化时代のセキュリティ护身术」 5月15日公开
个人情报保护法の施行から1年が経过したが、ファイル交换ソフトを介した情报流出が相次ぐなど私たちの个人情报は「守られている」とは言い难い。法の整备とともに「ネット上の自分の情报は自分で管理する」といった个々人の意识の変革も大切といえるだろう。ネット上にあなたの名前は何件あるか知っていますか?

第32回「今、银行业界で何が起こっているの?」 5月8日公开
コンビニATMや电子マネーの普及で决済窓口の多様化とともに银行の戦略も変わりつつある。本格的なサービス竞争の时代に突入した今、消费者に选ばれるためにも一层利便性向上のための工夫がすべての银行に求められている。手数料ひとつとっても消费者はシビア。まずはここからか。

第31回「伊藤流ゴールデンウィークの楽しみ方」 5月1日公开
ゴールデンウィーク真っ只中。今年は9连休の人も多いのではないだろうか。せっかくまとまった自分の时间を持てるのだから日顷できないことに前向きに取り组んでみてはどうだろう。ちなみに伊藤流としては・・・。

Nikkei-Biztrend-0604.rar

第30回「激変、自动车産业 ~ジャパニーズ・ビッグ3を考える~」 4月24日公开
ハイブリッド车をはじめ絶え间ない技术革新で生き残ってきた日本车メーカーの2005年の北米新车市场に占めるシェアは実に32.2%。新たなビッグ3とも呼べる日本车メーカーの成长の源泉とこれからに必要なこととは何かを探る。

第29回「薄型テレビの中から见えるニッポンの技术力」 4月17日公开
薄型テレビは技术的には6タイプでそのほとんどが日本のメーカーの开発によるもの。しかし、コスト・制造能力面で海外势に押され、开発当初の优位性は确保できていないように见える。技术力とブランド力はある。あとは市场を见极める目と意思决定のスピード。イノベーションで日本メーカーと薄型テレビの未来はどう変わるだろう。

第28回「15分でわかるバーナンキ体制とアメリカ経済」 4月10日公开
FRB议长の交代で先行きがやや読みにくくなった米国経済。グリーンスパン体制が长かったことと、成长が长く続いているだけに息切れ论も出てきている。日本にも密接に関わる米国経済。バーナンキはどう见ているのか。

第27回「真面目に、身近に税金を考えよう」 4月3日公开
増税の声が闻こえ始めているが、财务省のパンフレットからは増税を正当化するような内容ばかりが目につく。ひどい无駄遣いの実态を改め、本当に必要な支出とは何かをまず精査すべきである。増税论はそれからだ。

Nikkei-Biztrend-0603.rar

第26回「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で见えてきたもの」 3月27日公开
误审騒动や主催国のエゴが透かし见える対戦组み合わせなど今后に多くの课题を残すことになったWBC。とはいえ「王JAPAN 世界一!」の瞬间にはすべてパッと晴れた思いがした。サッカー同様の世界规模の人気スポーツに発展するには何を変えるべきなのだろう。

第25回「ワンセグがやって来る!」 3月20日公开
4月1日から本格的にはじまる「ワンセグ放送」。携帯电话による「どこでもテレビ」の登场で、本当の「放送と通信の融合」がここから始まると言えるだろう。私たちのテレビとの付き合い方が変わるだけではない。新しいビジネスモデルが次々登场することに期待したい。

第24回「IPv6で何が変わる」 3月13日公开
インターネット・プロトコル・バージョン6=「IPv6」。一般には驯染みのないIT用语だが、IPアドレスの数が飞跃的に増えることで、インターネットを通じて社会インフラ、生活全般に多くの便利なサービスが可能になる。如何にうまく新しい技术を利用していくか、我々のアイデア次第といえるだろう。

第23回「日本力とイノベーション」 3月6日公开
过去を「失われた10年」と否定的に呼ぶ向きもあるが、苦境の中で积み重ねた企业の「イノベーション」が强い日本の底力になっていることは间违いない。これからも自由な発想がイノベーションを后押しし、それが日本力となる。悲観することは何もない。

Nikkei-Biztrend-0602.rar

第22回「がんばれ日本 日本のスポーツ环境を考える」 2月27日公开
日本はメダル获得数で期待はずれに终わったトリノ五轮。対照的にアジアで跃进振りが目立ったのは韩国と中国。「参加することに意义がある」のではなく结果を出すためにも各国が国家プロジェクトとして动いている。2年后の北京、4年后のバンクーバーに向けてさあどうする日本。

第21回「もう1つのオリンピック 诱致合戦の奥に见えるもの」 2月20日公开
2016年夏のオリンピックの诱致に动き始めた东京都や福冈県。国威発扬や経済波及効果、スポーツを通じた世界平和への贡献など、オリンピックには计り知れないメリットがある。一方で、时に无用になってしまう竞技施设や开発による环境破壊など、负の侧面もあり、かつてのような官民がもろ手を挙げて诱致する时代は终わりを告げている。技术立国日本を象徴する东京、玄界滩経済圏を象徴する福冈が诱致合戦を繰り広げるオリンピックを考える。

第20回「私たちは豊かなのか?」 2月13日公开
豊かさとは何か?一人当たりGDPやHD指数(人间开発指数=长寿、知识、人间らしい生活の3つの基準をもとにした指数)で日本は世界11位で、上位を占めるのはルクセンブルグを始めとするヨーロッパの小国。しかし、为替レートのや国家规模の影响を受ける経済関连指数は参考値のひとつでしかない。今の日本は豊かか?そして人口减少が予测される日本がより豊かになるためには?

第19回「话题の时価総额経営って何?」 2月6日公开
给料の高い会社、良い制品を出す会社など、会社を评価する尺度はたくさんある。时価総额は株式市场が见た企业の尺度の1つ。一般には时価総额が大きいと信用力、资金调达力、世间からの注目、人材採用などの面で有利になる。また、时価総额基準型のインデックスファンド运用により、时価総额が大きな企业ほど时価総额がさらに大きくなりやすいとの指摘もある。株式市场においては新しく生まれた産业や注目を集めた企业にお金が集まりやすく、歪んだ株価が形成されることがある。本业の制品やサービスを忘れた时価総额経営の问题点を考察する。

Nikkei-Biztrend-0601.rar

第18回「コンピューターウォーズ 「ユビキタス」」 1月30日公开
ICタグや携帯、SUICAなどを活用し、欲しい情报や支払いが直ちにできるコンピューターネットワーク型社会=ユビキタス社会。自治体や民间で始まったユビキタスの新しい取り组みが进展するためにはユーザーの利便性やメリットがカギになる。谁でも使える、得する、全体の制度设计がユビキタス社会実现のカギ。

第17回「円安? ドル安?」 1月23日公开
株価上昇にもかかわらず内外の金利差などを背景として円安倾向に振れた年末の为替市场。量的金融缓和の解除や米FRBの议长交替などの动向を踏まえ、幕开けした今年の为替相场を予测。ドルが去年までの反动で売られ、内外金利差から円も独自に売られる、円安、ドル安の展开とは?

第16回「今、インドを考える」 1月16日公开
経済成长が着しいインド。人口を背景とした大きな市场、理工系の优秀な人材や安定した政治など、インドは优れた竞争力を持つ一方で、低い识字率やインフラの未整备などの课题を抱える。経済や市场としてのインドの有利な点、不利な点を対比させて、今のインドを検証。

第15回「2006年 成人の日に考える」 1月10日公开
”Life is fun!” 「世界の中では恵まれた社会、日本で人生を楽しく生きる」国や社会の将来像は悲観论になりがちだが、考え方次第では、豊かな人生を送ることができる。学校や职业など、选択のチャンスが広がる若者たぢに伊藤洋一が赠る言叶。

第14回「2006年を见通す」 1月1日公开
政局の行方や金融缓和の可能性、株式や为替市场の动向はいかに・・・。伊藤洋一が2006年の経済をマクロ、ミクロ、そして国内外のさまざまな视点から分析、予测します。お楽しみに。

2005年

Nikkei-Biztrend-0512.rar

第13回「年末総集编 伊藤流 2005年を振り返る」 12月26日公开
日経MJ 2005年ヒット商品番付を中心に伊藤洋一が今年を振り返る。今年ヒットした商品やサービス、流行语から経済や世相を一気にトーク。キーワードは「こだわり」、「デジタル」、「Change」、「环境」・・・。

第12回「东京ホテル戦争」 12月19日公开
御三家、新御三家に続き、2007年にかけて続々と开业する东京の高级ホテル。汐留、日本桥、日比谷、六本木など、东京の街を涂り替えるホテル业界のダイナミックな动きを解説。

第11回「株高と资金の流れについて考える」 12月12日公开
活况の株式市场の主役に跃り出た「个人投资家」。ITの定着と长引く低金利が彼らを后押しする。さて、このトレンドはどこまで続くのか・・。

第10回「进化する自动车 最新テクノロジーとアイデアで胜负」 12月5日公开
より安全により楽しく。车车间通信や静脉认証など、最新のITを応用して进化を続ける自动车。 アイデアと技术で成熟産业がさらに発展する可能性を语る。

Nikkei-Biztrend-0511.rar

第9回「APECで见えてきたニッポン  アジアの中の日本の姿」 11月28日公开
APECが终わり、そこからわかる各国の日本に対する视线。交错する思惑の向こうに透けて见える今后のマーケット动向とは・・。

第8回「インターネットとメディア戦略」 11月21日公开
跃进するインターネット関连企业と旧来放送メディアの攻防が展开されている。テクノロジーの进展、放送事业が持つ公共性、インターネット関连企业が目指す収益の追求など、さまざまな要因を背景に始まった楽天やライブドアが放送への进出を企てる狙いと通信と放送の融合を目指して始まった覇権争いの行方は。

第7回「日本の金利、いつ上がる?」 11月14日公开
デフレ脱却に伴い、日银の量的金融缓和はいつ解除されるのか。金利が上昇した场合の个人や企业、経済全体への影响を解説。

第6回「トレーサビリティ-・・・ICタグと原産地表示」 11月7日公开
関アジや松坂牛などのブランド品から一般の食材に拡大する原産地表示。生産者、流通业者が消费者の安心、信頼を得るために重要な情报开示。

Nikkei-Biztrend-0510.rar

第5回「顽张れ日本の中坚企业」 10月31日公开
日本力を基础で支える中坚企业。マーケットやテクノロジーの変化、系列取引、后継者问题など、课题を抱える中坚企业が元気を取り戻すために必要なことは?

第4回「中国-世界の工场と成长市场 2つの顔の実态は<続编>」 10月24日公开
高い成长率を维持する巨大市场への日本企业の対応。生まれつつある巨大で豊かな市场。さまざまなリスクと魅力を并せ持つ中国市场に対応する日本企业の処方笺は・・・。

第3回「中国-世界の工场と成长市场 2つの顔の実态は」 10月17日公开
世界の工场と市场という2つの顔を持ち、急速な経済成长を続ける中国。エネルギー不足や环境问题など、制造拠点としての课题と巨大市场の可能性について伊藤洋一が语る。

第2回「コンビニと金融机関」 10月11日公开
10月11日に诞生したセブン银行。ATMをベースにした决済中心の新しい银行业のあり方とは・・・。SUICAやお财布ケータイを活用した小额决済と金融机関の将来像を解説。

第1回「原油高の影响」 10月5日公开
60ドル~70ドルで高値波乱模様の原油価格。一般に驯染みのない原油市场について、その価格形成メカニズム、原油高が世界経済や身近な生活へ及ぼす影响について解説。



杀毒软件: 瑞星2008
病毒库更新:2008年12月10日
常在服务器:!! Saugstube !!
最新相关下载每月更新1次,周末及节假日保证全天在线,平日不定时。
因为受到硬盘空间的限制,保证供源1个月。请大家帮忙分流!

正在读取……

这里是其它用户补充的资源(我也要补充):

暂无补充资源
正在加载,请稍等...

点击查看所有72网友评论

 

(?) [公告]留口水、评论相关规则 | [活动]每日签到 轻松领取电驴经验

    小贴士:
  1. 类似“顶”、“沙发”之类没有营养的文字,对勤劳贡献的楼主来说是令人沮丧的反馈信息。
  2. 提问之前请再仔细看一遍楼主的说明,或许是您遗漏了。
  3. 勿催片。请相信驴友们对分享是富有激情的,如果确有更新版本,您一定能搜索到。
  4. 请勿到处挖坑绊人、招贴广告。既占空间让人厌烦,又没人会搭理,于人于己都无利。
  5. 如果您发现自己的评论不见了,请参考以上4条。