v

您的位置:VeryCD动漫动漫周边

动漫资源事务区


《圣母在上》(Maria Sama Ga Miteru)[小说][今野緒雪][更新至第31卷][日版(掃描+文本)]

  • 状态: 精华资源
  • 摘要:
    发行时间2008年
    对白语言日语
  • 时间: 2007/06/18 09:30:44 发布 | 2008/04/03 12:56:34 更新
  • 分类: 动漫  动漫周边 

vivix2005

精华资源: 70

全部资源: 73

相关: 分享到新浪微博   转播到腾讯微博   分享到开心网   分享到人人   分享到QQ空间   订阅本资源RSS更新   美味书签  subtitle
该内容尚未提供权利证明,无法提供下载。
中文名圣母在上
英文名Maria Sama Ga Miteru
别名マリア様がみてる,圣母瑪利亞的凝望,La Vierge Marie Vous Regarde
版本[小说][今野緒雪][更新至第31卷][日版(掃描+文本)]
发行时间2008年
地区日本
对白语言日语
简介

IPB Image


【作品信息】

原 名: マリア様がみてる
译 名: 圣母在上, 圣母玛丽亚的凝望
作 者: 今野緒雪
状 态: 第29卷连载中
发行时间: 1998~2007
出版机构: 集英社


【内容介绍】

故事的舞台设定在东京都下武藏野的一座传统天主教女校-莉莉安女子学园高中部. 那里没有严苛的校规, 学生们每日渡过正统规律的学园生活, 但这里有着前辈和后辈结为姐妹并指导后辈, 被称为"SOEUR"(法语中"姐妹"的意思)的姐妹制度.
故事的主人公是平凡的高中一年级学生--福沢祐巳, 剧情则是以祐巳与憧憬的二年级生前辈小笠原祥子结为姐妹开始的, 而祥子是学园里学生会三位蔷薇大人之一, 红蔷薇大人的妹妹--红蔷薇花蕾(ROSA CHINENSIS EN BOUTON).
原作小说版于1998年创刊. 至2002年人气飙升, 2003年漫画化(作画: 長沢智), 2004年动画化. COBALT文库的原目标读者群虽为女性, 但作品在男性中也得到支持. 第三季全5卷OVA于2007年连载完毕, 目前第四季OVA制作中.
个人感想: MARIMITE为百合系神作, 介绍无用


【其它信息】

纯文本版(TXT版)及短篇稍候一起打包共享

·原作既刊(转自ja.wikipedia.org,剧透含)

1 『マリア様がみてる』 (1998/04/24, ISBN 4-08-614459-X)

ある朝、マリア像の前で、全校生徒憧れの先輩である“紅薔薇のつぼみ”小笠原祥子に声を掛けられた福沢祐巳は曲がったタイを直してもらう。この出会いをきっかけに薔薇の館を訪れた祐巳は、祥子にいきなり姉妹(スール)の申し込みをされ、波乱の日々を過ごす羽目に…。読者の間では、他の巻と区別するため、「無印」と呼ばれることがある。

2 『マリア様がみてる 黄薔薇革命』 (1999/02/03, ISBN 4-08-614554-5)

従姉妹で幼馴染み、“ベストスール”とまで称された令と由乃の黄薔薇姉妹。しかし、ある日突然、由乃はロザリオを令に突き返し姉妹関係を解消する。黄薔薇姉妹の破局は、学園中に波紋を広げる。

3 『マリア様がみてる いばらの森』 (1999/04/27, ISBN 4-08-614591-X)

人気小説「いばらの森」の著者「須加星」の正体が聖ではないかという疑惑に学園中が揺れる表題作「いばらの森」、聖が二年生のクリスマスイブの日、久保栞と駆け落ちを計画する「白き花びら」を収録。

4 『マリア様がみてる ロサ・カニーナ』 (1999/12/01, ISBN 4-08-614661-4)

“リリアンの歌姫”蟹名静が初登場。現役つぼみが順当と見られていた生徒会役員選挙に対立候補が現れ、大騒ぎとなる表題作「ロサ・カニーナ」のほか、祐巳が祥子の家で過ごすお正月「長き夜の」を収録。良い初夢を見るためのおまじない“なかきよ”は、「長き夜の」で広く知られるようになった。

5 『マリア様がみてる ウァレンティーヌスの贈り物(前編)』 (2000/03/03, ISBN 4-08-614695-9)

バレンタインデーをめぐるエピソード。バレンタインデーに実施される“宝探し”イベントの話「びっくりチョコレート」、令からケーキを贈られた江利子と由乃はあることに困惑する「黄薔薇交錯」を収録。

6 『マリア様がみてる ウァレンティーヌスの贈り物(後編)』 (2000/04/25, ISBN 4-08-614715-7)

バレンタインデーをめぐるエピソードの続巻。祥子と祐巳、志摩子と静、令と田沼ちさとの半日デートが同時進行で展開する「ファースト デート トライアングル」、幼稚舎の頃からずっと祥子と親しくなりたいと思っていた鵜沢美冬の“宝探し”イベント体験「紅いカード」、薔薇の館が一般の生徒で賑わう事を夢見ていた蓉子の話「紅薔薇さま、人生最良の日」を収録。

7 『マリア様がみてる いとしき歳月(としつき)(前編)』 (2001/02/02, ISBN 4-08-614817-X)

江利子の“男遊び”スキャンダルに学園中が大騒ぎになる「黄薔薇まっしぐら」、年度末の行事の準備で頑張りすぎた祐巳が疲労で倒れてしまう「いと忙し日々」、江利子と“熊男”山辺の出会い「一寸一服」を収録。

8 『マリア様がみてる いとしき歳月(としつき)(後編)』 (2001/04/03, ISBN 4-08-614841-2)

卒業を控えた蓉子・聖・江利子がそれぞれのやり方で祐巳たち一年生に想いを託す「Will」、卒業式、蓉子たち薔薇さまのそれぞれの想いが交錯する「いつしか年も」、聖と志摩子のロザリオの授受を描く「片手だけつないで」を収録。

9 『マリア様がみてる チェリーブロッサム』 (2001/07/27, ISBN 4-08-614895-1)

この巻より、祐巳たちは二年生に進級。二条乃梨子、松平瞳子初登場。銀杏の中に一本だけある桜の下で志摩子と乃梨子が出会う「銀杏の中の桜」(雑誌Cobalt 1997年2月号掲載「マリア様がみてる」を再構成)、秘密を抱え今一歩が踏み出せない志摩子を解き放つため、祥子たちが一芝居をうつ「BGN(バックグラウンドノイズ)」を収録。この2話は、同じエピソードを別の視点で描いている。

10 『マリア様がみてる レイニーブルー』 (2002/03/29, ISBN 4-08-600078-4)

梅雨の時期。紅薔薇、白薔薇、黄薔薇それぞれに危機が訪れる。乃梨子を妹にするかどうかで悩む志摩子の葛藤を描く「ロザリオの滴」、由乃の剣道部入部をきっかけに令が由乃と距離を置くようになる「黄薔薇注意報」、祥子と瞳子の仲を疑った祐巳がロザリオを返す決意をする表題作「レイニーブルー」を収録。3つのエピソードが同時進行する構成で、同じ場面が別の視点で交錯する。ちょうど良いところで次巻に持ち越されるため、読者は続きが気になって発狂しそうになり、“レイニー止め”なる言葉を生んだ。

11 『マリア様がみてる パラソルをさして』 (2002/07/01, ISBN 4-08-600136-5)

前巻で雨の中、祥子に置き去りにされた祐巳。深く傷ついたが、聖や由乃など周りの人たちと触れているうちに、何が間違っていたのか気が付き、立ち直る。加東景初登場。

12 『マリア様がみてる 子羊たちの休暇』 (2002/12/25, ISBN 4-08-600210-8)

破局の危機を乗り越えて、絆が深まった紅薔薇姉妹。夏休み、祐巳は、祥子に招かれて小笠原家の別荘で楽しいときを過ごす。しかし、憧れの存在・祥子のそばにいる祐巳を快く思わない別荘地のお嬢さまたちが、罠を張って待ち構えていた。

13 『マリア様がみてる 真夏の一ページ』 (2003/03/28, ISBN 4-08-600243-4)

夏休み最後の3つのエピソード、祥子の男嫌いを克服するための大作戦が発動する「略してOK作戦(仮)」、乃梨子のボーイフレンド・タクヤ君の情報をキャッチした真美がデート現場に張り込む「おじいさんと一緒」、令の日記に由乃がツッコミの短編「黄薔薇☆絵日記」を収録。

14 『マリア様がみてる 涼風さつさつ』 (2003/07/01, ISBN 4-08-600284-1)

細川可南子が初登場。学園祭シーズンを迎え、例年どおり男子校・花寺学院の学園祭を手伝うことになった山百合会の面々。そんな中、祐巳を熱烈に崇拝する一年生・細川可南子が現れるが、次第にエスカレートする彼女の行動に祐巳は不気味さを覚えるのだった…。この巻で祐巳の妹候補と目されるキャラが二人出揃い、読者の間に、瞳子を推す“祐瞳”派と可南子を支持する“祐可”派の妹論争が始まった。

15 『マリア様がみてる レディ、GO!』 (2003/10/31, ISBN 4-08-600337-6)

気まずい仲を修復するため、祐巳は可南子に賭けを持ちかける。しかし、その真意がわからない瞳子は、直接、祐巳に問いただすのだった。前黄薔薇さまの江利子も暗躍する波乱含みの体育祭。

16 『マリア様がみてる バラエティギフト』 (2003/12/25, ISBN 4-08-600360-0)

4つの短編を表題作「バラエティギフト」で繋ぐ変わった構成をしている。江利子から薔薇の館に贈られたお菓子のバラエティギフトに、不審の念を隠さない由乃は…。短編は「降誕祭の奇跡」(雑誌Cobalt 2003年12月号初出)、内藤笙子が初登場する「ショコラとポートレート」(同2003年2月号初出)、「羊が一匹さく越えて」(同2003年4月号初出)、江利子の物思い「毒入りリンゴ」(書き下ろし)を収録。

17 『マリア様がみてる チャオ ソレッラ!』 (2004/03/31, ISBN 4-08-600399-6)

祐巳たち二年生の修学旅行はイタリア。ローマ、フィレンツェなどを訪問する中で、留学中の静に再会する表題作「チャオ ソレッラ!」のほか、初の祥子視点の短編「紅薔薇のつぼみの不在」を収録。ちなみに「チャオ ソレッラ(Ciao sorella)」とは、イタリア語で「ごきげんよう、お姉さま」の意。

18 『マリア様がみてる プレミアムブック』 (2004/07/27, ISBN 4-08-600455-0)

テレビアニメ版『マリア様がみてる』の全13話のダイジェスト及び次回予告、設定資料、声優陣へのインタビューなどを収録。また、ひびき玲音のマンガ版『マリア様がみてる』の「祭りの前」(雑誌Cobalt 2003年10月号初出)、蓉子と祥子の出会いを描いた短編小説「Answer」(書き下ろし)も収録している。

19 『マリア様がみてる 特別でないただの一日』 (2004/10/01, ISBN 4-08-600484-4)

山百合会主催の学園祭舞台劇の演目が発表され、祐巳は主役を演じる羽目に…。一方、先輩と対立した瞳子は、演劇部を飛び出してしまう。また、この巻で、可南子の秘密が明らかになる。読者に定着していた瞳子の愛称“ドリル”が初めて原作公認になった。

20 『マリア様がみてる イン ライブラリー』 (2004/12/25, ISBN 4-08-600527-1)

“図書館” をキーワードにまとめた短編集で、5つの短編を表題作「インライブラリー」で繋ぐ構成である。静が登場する「静かなる夜のまぼろし」(雑誌Cobalt 2004年12月号初出)、初の瞳子視点の短編「ジョアナ」(書き下ろし)、「チョコレートコート」(雑誌Cobalt 2004年2月号初出)、「桜組伝説」(同2004年4月号初出)、「図書館の本」(同2004年8月号初出)を収録。

21 『マリア様がみてる 妹(スール)オーディション』 (2005/04/01, ISBN 4-08-600568-9)

江利子と約束した妹選びの期限が迫り、由乃は焦りのあまり、妹のオーディションを提案。祥子は祐巳を参加させようとし、さらに翌日、その話はなぜか新聞部に伝わって…。有馬菜々が初登場するほか、本編にからむ形では初めて内藤笙子が登場。可南子が祐巳の妹候補から脱落し、祐巳-可南子派の読者をガックリさせた。

22 『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』 (2005/07/01, ISBN 4-08-600609-X)

気になる中等部三年生・菜々と一緒に令のお見合い現場を捜しまわる羽目になる由乃の話「黄薔薇パニック」、学校の帰り道、志摩子が怪しげな男に声を掛けられる「白薔薇の物思い」、祐巳が祥子と長い間懸案だった遊園地デートに行く「紅薔薇のため息」を収録。

23 『マリア様がみてる 未来の白地図』 (2005/12/22, ISBN 4-08-600704-5)

瞳子の家出をきっかけに祐巳と瞳子の関係が動き出す表題作「未来の白地図」、卒業後の進路について、令が祥子にある決意を語る「薔薇のダイアローグ」を収録。

24 『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』 (2006/03/31, ISBN 4-08-600743-6)

瞳子に拒絶された祐巳を励まそうと、祥子は小笠原邸で山百合会の新年会を催す。盛り上がる新年会。しかし、楽しい中でも、祐巳は瞳子のいない寂しさを実感するのだった。

25 『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』 (2006/06/30, ISBN 4-08-600784-3)

由乃の見守る中、令と菜々が剣道で対決する「黄薔薇真剣勝負」、生徒会役員選挙に瞳子が立候補する表題作「仮面のアクトレス」、妹たちがいないところでの祥子と令の内緒話「素顔のひととき」を収録。志摩子の「由乃さん好き」のびっくり発言など、祐巳・由乃・志摩子の二年生トリオの友情が微笑ましい。

26 『マリア様がみてる イラストコレクション』 (2006/07/28, ISBN 4-08-600797-5)

文庫カバーや雑誌Cobaltの表紙、カレンダー、ドラマCD、DVDなどに使用されたひびき玲音のイラストを収録。また、マンガ版『マリア様がみてる』の「クリスマス・プレゼント」(雑誌Cobalt 2003年12月号初出)、「卒業までに…」(同 2004年2月号初出)、「ひとりの日曜日」(同 2004年4月号初出)、「年の初めの」(同 2004年12月号初出)、「祐巳のヴァレンタイン・イブ」(同 2003年2月号初出)や、令と由乃のロザリオの授受を描いた短編小説「ハレの日」(書き下ろし)も収録している。

27 『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』 (2006/10/03, ISBN 4-08-600823-8)

一巻通じて祐巳視点の無いストーリーは本巻が初めてであり(ただし、「プレミアムブック」「イラストコレクション」を除く)、また、短編「ジョアナ」以外では描かれることのなかった瞳子視点も、読者の間では話題になった。生徒会役員選挙の直後から祐巳と瞳子を取り巻く人たちの思いを描く「キーホルダー」、ついに瞳子の秘密が明かされる「ハートの鍵穴」を収録。

28 『マリア様がみてる クリスクロス』 (2006/12/22, ISBN 4-08-600859-9)

バレンタインイベント“宝探し”をめぐる2つのエピソード、様々な思惑が交錯するイベントの様子を描いた表題作「クリスクロス」、次期薔薇さまの手腕が垣間見える「地図散歩」を収録。祐巳に激しい言葉を投げつけた瞳子の動向や初の田沼ちさと視点など見所が多い。“クリスクロス(crisscross)”には、×印(を付ける)、食い違いという意味がある。

29 『マリア様がみてる あなたを探しに』 (2007/03/30, ISBN 978-4-08-600895-2)

衝撃の結末を迎えたバレンタインイベント“宝探し”。副賞である“次期薔薇さまとの半日デート”も、平穏には済まないのであった…。瞳子自身の口から語られる秘密を前に祐巳の覚悟が明らかになり、祐巳の妹問題は新たな局面に突入する。

30 『マリア様がみてる フレーム オブ マインド』(2007/06/28, ISBN 978-4-08-601034-4)
“写真” をキーワードにまとめた短編集で、9つの短編を表題作「フレーム オブ マインド」で繋ぐ構成である。「四月のデジャブ」(雑誌Cobalt 2007年4月号初出)、「三つ葉のクローバー」(同2006年2月号初出)、「枯れ木に芽吹き」(同2006年12月号初出)、「黄色い糸」(同 2006年4月号初出)、「不器用姫」(同2005年4月号初出)、祐巳と可南子の出会いを描いた「光のつぼみ」(書き下ろし)、「温室の妖精」(雑誌 Cobalt 2005年8月号初出)、「ドッペルかいだん」(同2006年8月号初出)、笙子が写真部の先輩にあることを命じられる「A Roll of Film」(書き下ろし)を収録。

31 『マリア様がみてる 薔薇の花かんむり』(2007/10/02, ISBN 978-4-08-601075-7)
卒業シーズンを迎え“三年生を送る会”の準備で慌しいリリアン女学園。祐巳は、祥子の行動について奇妙な噂を耳にする。「薔薇の花かんむり」とは、ロザリオを意味する。

32 『マリア様がみてる キラキラまわる』(2007/12/26, ISBN 978-4-08-601110-5)
祥子の呼びかけで、遊園地に行くことになった山百合会+α(アルファ)の面々。しかし、当日、集まったメンバーの雰囲気は何故か“お通夜”のようで、楽しいはずの遊園地に暗雲が立ち込めるのであった。

33. マリア様がみてる マーガレットにリボン


*注:
· 这里的卷号与实际发布资源卷号有出入,因为介绍部分的卷号是加入了短篇合集的卷号。实际小说既刊的卷号與资源卷号一致;
· 現已更新至最新出版卷(31卷),預訂开始更新短篇部分,敬请期待。

正在读取……

这里是其它用户补充的资源(我也要补充):

暂无补充资源
正在加载,请稍等...

点击查看所有24网友评论

 

(?) [公告]留口水、评论相关规则 | [活动]每日签到 轻松领取电驴经验

    小贴士:
  1. 类似“顶”、“沙发”之类没有营养的文字,对勤劳贡献的楼主来说是令人沮丧的反馈信息。
  2. 提问之前请再仔细看一遍楼主的说明,或许是您遗漏了。
  3. 勿催片。请相信驴友们对分享是富有激情的,如果确有更新版本,您一定能搜索到。
  4. 请勿到处挖坑绊人、招贴广告。既占空间让人厌烦,又没人会搭理,于人于己都无利。
  5. 如果您发现自己的评论不见了,请参考以上4条。