+ 将本站加入收藏夹
您的位置:电驴大全 > 电影 > 小林多喜二

小林多喜二 (1974)

Life of a Communist Writer

  • 小林多喜二 海报
少于20人评分
  • 超赞0人
  • 不错0人
  • 一般0人
  • 较差0人
  • 垃圾0人
想看
评分:

小林多喜二は、一九〇三年(明治36年)秋田の貧しい農家に生まれ、彼が四歳の時、一家は伯父のいる北海道小樽に移住した。伯父のパン工場で働きながら彼は、小樽商業から高商(商大)へと学んだ。一九二四年(大正13年)北海道拓殖銀行に勤めた多喜二は、帳簿をつける合間に小説を書いていた。二十一歳の年の暮、「やまき屋」で美人の酌婦、田口タキを知った。貧乏ゆえに身を売らねばならなかった十七歳のタキを、彼は愛したばかりでなく、友人から借金して、彼女をわが家にひきとった。数日間、タキは多喜二一家のあたたかい笑いにつつまれていたが、突然、多喜二の深い愛から逃げるように去っていった。大正から昭和にかけてのこの時期は、日本軍国主義の抬頭期であり、治安維持法(一九二五年四月)が制定された。各地で抵抗運動が組織され、時代の鼓動は多喜二の胸を激しくうった。そして、タキへの思慕に苦しみながらも彼は文学にうちこみ、同時に労働者、農民闘争に参加した。一九二八年(昭和3年)一月、初の普通選挙がおこなわれた。多喜二は労農党山本懸蔵候補の応援遊説隊に加わった。山懸は落選したが、京都で初の無産政党代表山本宜治代議士が誕生した。全国無産者芸術連盟(ナップ)小樽支部幹事となっていた多喜二は、上京して理論的指導者・蔵原惟人と会った。二十四歳の多喜二にとって蔵原との出会いは大きな励ましとなり、小樽に帰るや「一九二八年三月十五日」を書きあげた。この作品によって多喜二は名実ともにプロレタリア作家となった。その後、「蟹工船」「不在地主」……と発表した彼は銀行を解雇された。「不在地主」が拓銀のあくどい収奪をあばいたという理由だった。一九三〇年(昭和5年)多喜二は上京し、積極的に活動した。治安維治法で豊玉刑務所に収容された時、タキが面会に来た。美容師になろうとタキも上京していたのである。そんな彼女を多喜二は、出獄してからも励ますのだった。翌三…

 [展开全文↓]
少于20人评分
  • 超赞0人
  • 不错0人
  • 一般0人
  • 较差0人
  • 垃圾0人
同步到:

电影今日热播榜

分享:

谁关注这个电影

夏枫雨
2014-03-09 14:53:20 想看
t296500
2013-08-11 21:43:56 想看
ysw303303
2012-10-20 10:32:29 想看
关于我们 | 诚聘英才 | 著作权声明 | 合作信息 | 智能电视应用 | 飞翔下载 | 心动偶像补完计划 | 心动游戏
TapTap发现好游戏 | 电视助手 | 沙发管家 | 老论坛 | 社区 | 网络机顶盒 | 网址大全 | 好听的歌 | 手机版
网络文化经营许可证 文网文[2010]150号 | 增值电信业务经营许可证 沪B2-20100067 | 广播电视节目制作经营许可证 (沪)字第416号
沪ICP备05001009号 | 信息网络传播视听节目许可证 0911625号 | 违规信息举报电话:021-60727072转1201
©2003 - VeryCD Team Some Rights Reserved. 上海隐志网络科技有限公司

沪公网安备 31010402000124号