+ 将本站加入收藏夹
您的位置:电驴大全 > 电影 > 解散式

解散式 (1967)

Kaisan shiki

少于20人评分
  • 超赞0人
  • 不错0人
  • 一般0人
  • 较差0人
  • 垃圾0人
想看
评分:

今日は1967年の「解散式」。深作監督にとって初めての仁侠映画です。「誇り高き挑戦」、「狼と豚と人間」、「ギャング対Gメン」とギャング映画ばかり撮って来て一定の評価を受けてきた深作監督ですが、1967年から1972年にかけていろんな映画を撮っています。この「解散式」もそうした試行錯誤の中で一本で、仁侠映画を多くプロデュースした俊藤浩滋とはじめて組んでいます。俊藤さんは深作の才能を高く買っており、「仁義なき戦い」の製作にも名を連ねています。ただ、深作監督にとってはやはり仁侠映画を作るのは厭だったらしく、「やっぱり何か自分で好きな映画をやっている実感はなくて、しんどかったですね」(「世界の映画作家22」より)と自作を振り返っています。

小滝組の幹部、沢木(鶴田浩二)は8年の刑期を終えて、娑婆に舞い戻ってくる。彼自身は何も変わらなかったが世間は変わりすぎていた。彼の古巣はコンビナートに生まれ変わり、かつてあったヤクザ組織は暴力団追放の世論をかわす為に解散していたのだ。小滝組もその例外ではなく、小滝組幹部の島村(渡辺文雄)が経営する島村組へと姿を消していた。沢木は島村より会社の経営に協力してくれるように頼まれるが、自分のガラではないとスラム街に身を寄せていく。「任侠道なんてのは上が押し付けたお仕着せだぜ。」「そのお仕着せが俺にはぴったり合うんだ。」

しかしそのスラム街にも”時代の波”は押し寄せていた。内縁の妻、恩師も住むその土地は新たなコンビナート建設予定地として、島村組と桜田組の双方に狙われていた。やがて島村は、沢木の弟分を妹を人質にして、鉄砲玉に使おうとする。。

追い詰められた主人公が最後に悪人をドス一本ぶらさげて殺しに行く。仁侠映画というのは所謂、そうしたガマン劇です。この映画もそのガマン劇の一種で鶴田浩二は最後にドスをぶら下げて殺しに行きます。俊藤さんは「任侠映画伝」で「任侠映画の魅力は夢と…

 [展开全文↓]
少于20人评分
  • 超赞0人
  • 不错0人
  • 一般0人
  • 较差0人
  • 垃圾0人
同步到:

电影今日热播榜

分享:

谁关注这个电影

花黄夏天香故
2014-01-17 20:11:53 想看
关于我们 | 诚聘英才 | 著作权声明 | 合作信息 | 智能电视应用 | 飞翔下载 | 心动偶像补完计划 | 心动游戏
TapTap发现好游戏 | 电视助手 | 沙发管家 | 老论坛 | 社区 | 网络机顶盒 | 网址大全 | 好听的歌 | 手机版
网络文化经营许可证 文网文[2010]150号 | 增值电信业务经营许可证 沪B2-20100067 | 广播电视节目制作经营许可证 (沪)字第416号
沪ICP备05001009号 | 信息网络传播视听节目许可证 0911625号 | 违规信息举报电话:021-60727072转1201
©2003 - VeryCD Team Some Rights Reserved. 上海隐志网络科技有限公司

沪公网安备 31010402000124号